FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北欧放浪編(69)::Krokom 2021年 10月-11月

2021年シーズン、スウェーデンリーグは残り3節。
その前に、まずスウェーデンカップの準決勝が行われる。

フォーメーション
2021krokom_form_swcup6

FWクリスチャンソン(17)、MFダーム(23)、DFゲイルション(19)が代表召集のため不在。
代わりにFWクロンルイド(18)、FW/MFグスタフ(26)、DFガナー(17)を起用する。

2021/10/ 2 スウェーデンカップ 準決勝 vs Örgryte(H)
相手はプレミアディビジョンで最下位に低迷するÖrgryte。観衆1748人。
18分、左MFホルムストレムが左サイド奥からタッチラインぎりぎりのクロス。
これをゴール前で待ち構えていたFWクロンルイドが押し込んで先制。
さらに後半に入って51分、相手ゴール前での混戦となり、最後はFWクロンルイドが角度の無い所から決めて2-0。
ロスタイムに失点するも、2-1で逃げ切り勝利。
スウェーデンカップ決勝進出を決めた。

2021/10/ 9 GKラトバーネン(19)がU19フィンランド代表に召集
これまでリーグ戦のほとんどの試合に出場し、安定した働きをしていたGKラトバーネンがU19代表に召集。
10/17の第24節の試合に出場できなくなった。

2021/10/11 GKソレンセン(37)が練習中に足首じん帯を損傷で、4週間の戦力外
ラトバーネンの代わりを務めるはずのベテランGKソレンセンが怪我。
更に3番手のGKガルシアも負傷中。
これでユース以外のGKがいなくなってしまった。
そこで期限付き移籍中のGKデニスを急いで呼び戻す。

2021/10/17 MFボルツが檄
20211017news_geki


2021/10/17 スウェーデンプレミアディビジョン 第24節 vs Norrköping(H)
この試合の後2試合はアウェイであるため、これがホーム最終戦。
6位のNorrköpingとの対戦。観衆1748人。
GKガルシアは何とか負傷から回復したものの、コンディション65%のため控え。
GKデニスは期限付き移籍中も試合出場が無く、体が絞れていない状態であるが任せるしかない。
試合は18分にカウンターから失点。
FWクリスチャンソンが何度と無く相手ゴール前に持ち込むがシュートが決まらず。
後半に入ると何も出来ないまま時間が進み0-1で敗戦。

得失点差で首位は維持したものの、ついにIFK Goteborgに勝ち点で並ばれる。
しかし残り2試合は、この時点で14チーム中13位のHalmstadと、最下位のÖrgryteとの対戦。
連勝すれば優勝できる。

2021/10/19 MFダーム(23)が練習中に足の裂傷で、1週から3週の戦力外

2021/10/24 再びMFボルツが檄
20211024news_geki


2021/10/24 スウェーデンプレミアディビジョン 第25節 vs Halmstad(A)
13位のHalmstadとの対戦。GKにはラトバーネンが復帰。
3分にいきなり失点。苦しい立ち上がり。
しかし25分、相手GKがリスタートで何故か目の前にいるFWクロンルンドにパス。
クロンルンドがやすやすと無人のゴールに蹴り込んで同点。
39分、今度は相手のバックパスがゴール前にいたFWクロンルンドの元へ。
これを確実に決めて2-1と逆転。
後半になるとKrokomペーストなり、追加点は奪えなかったもののそのまま試合終了。
2-1で勝利した。

IFK Goteborgが敗れ、AIKMalmö FFが勝利したため2位がAIKとなる。
2位以下には勝ち点差3をつけての最終節。得失点差では劣っているため、確実に優勝を手にするには引き分け以上が必要である。

2021/10/29 ボルツ負傷も強行出場
ボルツが練習中に負傷。
しかし優勝のかかった大切な一戦であり、ここは痛み止めを打って出場させることにした。

2021/11/ 1 ホルムストレムが檄
20211101news_geki


フォーメーション
2021krokom_form_l26


2021/11/ 1 スウェーデンプレミアディビジョン 第26節 vs Örgryte(A)
最下位のÖrgryteとの対戦。リーグ前半では敗れており全く油断は出来ない。
Örgryteは既に降格が決まっており士気は最低。しかも怪我人も多数抱えている状態。
しかいこの試合も4分に失点、追いかける展開となる。
9分、クロンルンドがゴールで同点。30分にはKrokomのCKから相手のオウンゴールで逆転に成功する。
35分、更に右MFダニエルソンがゴールを決め3-1。
48分に失点し3-2と1点差に詰め寄られるが、51分にクロンルンドが相手GKのパスを奪ってゴール。
75分には交代で入ったFWクリスチャンソンがゴールを決め、5-2で勝利。
Krokomは優勝を決めた。

その瞬間、ノレイ・ラモスは奇跡を見ていると思った。
それは彼がこれまでKrokomで見てきた中で、最も偉大な奇跡であった。
彼らは信じられない力を発揮し、誰も想像していなかった結果を成し遂げたのである。
そしてそれは、Krokomにヨーロッパという舞台への道が開けた瞬間でもあった。


20211102news_yusyo2

20211102news_yusyo3

20211102news_yusyo4


スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第24節~第26節、スウェーデンカップ準決勝
2021krokom_sc4b


2021 スウェーデンリーグプレミアディビジョン 最終成績
2021swpre_ranking


そして更にKrokomは、2冠を目指してスウェーデンカップ決勝に臨む。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おめでとうございます!!!

祝・優勝♪
(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人

これまでの道のりは決して平坦ではなかっただけに、感慨はひとしおなのではないでしょうか。素晴らしい手腕に、さらなる幸があらんことを★

暁 空也 | URL | 2007年11月01日(Thu)10:56 [EDIT]


ありがとうございます!

15年かかりましたが、なんとかトップリーグで優勝を果たせました。
スカウトが地域に広がって、良い若手選手が取れたことが大きいですね。

norei | URL | 2007年11月01日(Thu)21:06 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。