FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北欧放浪編(59)::Krokom 2020年 5月-7月

優勝を狙いリーグ戦に臨んだはずのKrokomは7試合が終わって11位。
優勝どころか降格ラインの方が近い状況になってきた。
このままでは、監督の座も危うい。

フォーメーション
2020krokom_form3

次はカップ戦で、IFK Göteborgとの対戦。
守備を重視し、ダブルボランチの4-5-1を採用する。

2020/ 5/13 スウェーデンカップ 3回戦 vs IFK Göteborg(H)
プレミアディビジョン4位の強豪IFK Göteborgと早くも対戦することになった。観衆674人。
前半8分、この日ワントップのFWヨバノビッチが先制ゴール。
後半に入って49分左MFサンドクビストがゴール。更に50分FWヨバノビッチがゴールで3-0。
残り時間、相手の攻撃を無失点に押さえ3-0で勝利。

リーグ戦のここまでの試合は何だったのだろう。
この後は1トップ、ダブルボランチの4-5-1を基本とすることにした。

2020/ 5/17 スウェーデン第1ディビジョン 第8節 vs Enköpings SK(A)
9位のEnköpings SKとの対戦。観衆1722人。
前の試合の良い印象を引きつぐ形で、ダブルボランチの4-5-1で臨む。
序盤からKrokomが攻勢をかけ何度もチャンスがあるが得点にならない。
39分、PKをDMヘルベルクが決めてようやく先制。
後半に入っても何度もフリーでのシュートを放つが決まらず。
90分にようやく途中交代で出場のFWステインドルションが決めて2-0。
ロスタイム3分のうちに1点を返されるが、2-1で勝利。
これで8位に浮上。

2020/ 5/24 スウェーデン第1ディビジョン 第9節 vs Lindome(A)
11位のLindomeと対戦。
11分、47分、77分と失点し、成すすべも無く0-3で敗戦。
9位に後退。

2020/ 5/31 スウェーデン第1ディビジョン 第10節 vs Jönköping Södra(H)
5位のJönköping Södraとの対戦。多数の怪我人を抱えている。観衆1701人。
11分に失点すると、20分にはGKソレンセンがゴールキックを目の前の相手選手に渡して失点。
GKをガルシアに交代。後半に入って4-4-2に変更。
そこからはKrokomの猛攻が始まるが、フリーのシュートを何度となく外す。
63分、ようやく右MFビルダがゴール。75分には相手のオウンゴールで同点。
更にKrokomの攻撃が続くが追加点を奪えず2-2の引き分けに終わる。
9位は変わらず。

2020/ 6/ 6 スウェーデン第1ディビジョン 第11節 vs Bunkeflo IF(H)
多数の怪我人を抱え15位のBunkeflo IFとの対戦。ここは何として勝たなければならない。
左MFホルムストレムが怪我から復帰、この試合で先発出場。
3分に左MFホルムストレムがゴールし先制するが、18分に失点。同点に追いつかれる。
しかし24分、右MFビルタのゴールで勝ち越し。更に45分FWステインドルションのゴールで3-1として前半終了。
後半は49分にMFノルドストレイムがゴールで追加点。
試合は4-1でKrokomの勝利に終わった。
9位は変わらず。

各選手の満足度を調べてみると、新加入のFWヨバノビッチとFWスティンドルションが良くない関係になっている。
チームの不振の原因はこの辺りかもしれない。
次の試合でノレイ・ラモスは、ここまで期待したほどの活躍の出来ていないFWヨバノビッチを、思い切ってベンチからも外す。

2020/ 6/14 スウェーデン第1ディビジョン 第12節 vs Gefle(H)
8位のGefleとの対戦。観衆1751人。
FWスティンドルションを1トップで先発起用。
24分、FWスティンドルションがゴール。
この1点を守りきってKrokomが勝利。6位に浮上。

2020/ 6/17 MFダニエルソンが練習中にかかとの損傷で、5日から2週の戦力外

2020/ 6/20 スウェーデン第1ディビジョン 第13節 vs GAIS(A)
首位のGAISとの対戦。
9分、15分と失点するが、23分にDMヘルベルクがゴールを決めて1-2と1点差。
その後もKrokomの攻撃が続くが得点は奪えず1-2で敗れた。
8位に後退。

2020/ 6/28 スウェーデン第1ディビジョン 第14節 vs Fässberg(A)
13位のFässbergと対戦。観衆1707人。
新加入の若手17歳のDFゲイルションを先発起用。
押し気味に試合を進めるもなかなか得点が出来ないまま時間が進む。
85分、交代出場のFWギューイがゴール。
試合はそのまま1-0で勝利。
7位に浮上。

2020/ 6/28 スペインが欧州チャンピオンシップで優勝
フランスが準優勝。

2020/ 7/ 1 FWヨバノビッチを放出
Jönköping Södraから5300万のオファー。
ヨバノビッチは能力は高いものの、チームに適応出来ていない感じがあり、オファーを承諾。

新規獲得選手
2020/ 7/ 1 DC,DM/ボルツ(21)/デンマーク/[能力値]
デンマークプレミアディビジョンのViborgからフリーで獲得。デンマークU-21代表。
スカウトの報告ではDMヘルベルクより数段優れた選手になるとのこと。

2020/ 7/ 1 スウェーデンカップ 4回戦 vs Häcken(A)
リーグ戦では4位のHäckenとの対戦。
新加入DM/DFボルツをいきなり先発で起用。
40分に失点するが、55分にFWギューイのゴールで同点とする。
延長に入って5分、交代出場のFWステインドルションが勝ち越しゴール。
このまま逃げ切れるかと思われたが、延長後半、終了間際の27分に失点。
更に29分にも失点して2-3逆転負け。
スウェーデンカップは4回戦敗退となった。

40分の失点は、このところ先発で起用している若手GKガルシアの致命的ミスであった。
本人はそのことに落ち込んでおり、チームの何人かの選手はガルシアに対して怒っていた。

FWステインドルションは試合中に激しいチェックを受け、ももの打撲により4日から2週の戦力外

2020/ 7/ 1 ノレイ・ラモスが選手ミーティングを要求
20200701news_meeting

チームはようやく中位の順位まで持ち直してきた。
しかしこの成績は期待外れであり、選手の中にはチームにはもっと実力があると感じている者が多くなってきていた。
そこでノレイ・ラモスはキャプテンを任せているDMヘルベルクに対し、選手ミーティングを行うよう指示した。

※選手への働きかけの欄に選手ミーティングを要求するという項目が出ていたので、選択してみました。

2020/ 7/ 2 選手ミーティングが行き詰る
20200702news_meetingfail
ミーティングは失敗に終わった。

2020/ 7/ 4 DFランス(29)を放出
出場機会を失っていたため、10万でのFC Trollhättanの移籍に承諾。

2020/ 7/ 5 スウェーデン第1ディビジョン 第15節 vs Kalmar FF(A)
2位のKalmar FFとの対戦。相手は怪我人が多数。
7分、DMボルツが30mのロングシュートを決めて先制。
32分、右MFビルタがゴール前に抜け出しそうになった所を相手選手がファールで止めてレッドカードを受けて退場。Kalmar FFは10人となる。
59分にはDFノーディンのゴールで追加点。
その後も危なげなく試合を進め、2-0で勝利。久しぶりに素晴らしい勝利だった。
これで前節7位から、一気に3位まで浮上。
新加入ボルツが非常に効いている。

スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第8節~第15節、スウェーデンカップ3、4回戦
2020krokom_sc2


2020 スウェーデンリーグ第1ディビジョン 第15節終了
2020swd1_ranking15

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。