FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北欧放浪編(2)::Värmbols2006年7月-8月

2006/ 7/17 Värmbolsの監督に就任
監督就任の申し出に対し、Värmbolsからは数日も経たないうちに応諾の返答。
いよいよノレイ・ラモスの監督としての第一歩が始まった。

Värmbolsは、スウェーデン第2ディビジョン東スヴェーアランドリーグに所属。
リーグは12チームで構成され、優勝チームのみが昇格。
10位のチームは下位リーグとの入れ替え戦へ、11位以下の2チームは自動降格となる。

スウェーデンのシーズンは4月に始まり11月に終わる。
監督就任時点で、リーグは全22節中既に13節を消化。
選手の把握もままならないまま、直ぐに次の試合の日がやってくる。

スウェーデンリーグDiv.2 東スヴェーアランド 第14節~第15節
varmbols2006_sc1s

降格ラインより僅かに上の順位であったはずが、あっという間に降格圏内へ。

このカテゴリーの他のほとんどのチーム同様、Värmbolsはセミプロチームであり選手全員がパートタイム契約である。
しかし、このチームの場合は更に大半がユース契約の選手で、平均年齢はなんと16歳。
将来性はともかく、現状ではとてもリーグの他のチームと互角に戦える戦力ではない。
特に問題なのがDFで、スピード、加速度が5、6といったレベルでは簡単に敵の突破を許してしまう。

移籍に使える予算が0であるため、移籍金を伴う選手獲得はできない。
そこでフリーの選手に声をかけるが、知名度も無く、施設も整っていない小さなクラブでは興味がないと断られる。
期限付き移籍リストにある若手選手にも手当たり次第オファーを出すが、チームが許可を出しても選手にことごとく拒否される。

スウェーデンリーグDiv.2 東スヴェーアランド 第16節~第19節
varmbols2006_sc2


2006/ 8/ 7 フリーのGKパナヒを獲得
ようやく選手を獲得。守備の要であるGK。
このカテゴリーに所属するGKは反応が8~9であっても珍しくないが、パナヒは反応15と非常に優秀。
しかし、チームに馴染めていないのか失点が止まらない。

VärmbolsはDjurgårdenとの提携を発表
Värmbolsはこれまでどことも提携していなかった。
そこで、8月に入ったところで理事会に上位リーグのクラブと提携を結ぶことを提案した。
理事会はこれを承認。まもなくスウェーデンプレミアリーグ所属のDjurgårdenとの提携が発表された。
契約に基づき、Djurgårdenからは試合経験を積ませるため、期限付き移籍で2名の若手選手が送られてきた。ユース世代の選手だが、Värmbols所属選手と比べて数段能力が上回っている。
他にもDjurgårdenには、ユースレベルで多数のプロ契約選手がいたので、期限付き移籍リストには載っていなかったが期限付き移籍を要請してみる。すると3名が応じた。
他のチームからも2名の期限付き移籍の申し出があり、賃金負担0%で獲得に成功。
8月も終わろうという段階になってレンタル移籍で7人を獲得し、ようやく戦えるチームになりつつあった。

19節が終わって11位。10位のRynningeとの勝ち点差は2。
残り3試合で逆転を狙う。
関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。