FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

(67)Woodlands 2013年 7月 後半

隔年で行われる東南アジアクラブチャンピオンシップがマレーシアで開幕。
大会形式は前回までと同じ。
グループルステージは3チームづつ4グループに分かれ、各グループ1回戦総当りで2試合を行い、上位2チームが決勝トーナメント進出。
決勝トーナメントは合計8チームで行われ、3試合勝ち上がると優勝。

シンガポールからはWoodlandsが出場。3連覇を狙う。
FWカスミール、右MFディクソン、GKゴンザレスは、コンディションが万全ではないが試合に出られるまでには回復。


2013/ 7/17 東南アジアクラブチャンピオンシップ グループC 第1節 vs Khemara(A)
カンボジアのアマチュアKhemaraとの対戦。観衆1265人。
晴れ34℃という、厳しい気候の中での試合となった。
FWシャーク、FWロアーニの2トップ。
2013wood_form_sea_01.jpg

試合開始50秒、相手のオウンゴールで先制。
24分、左MFボーハン・サレーがCKから決めて追加点。
26分、FWロアーニのゴールで3点目。ロアーニはこれがトップチーム初得点。
68分、MFガンドルミーニの得点で、4-0として勝利。
他の2チームは既に試合を行い引き分けており、Woodlandsの決勝トーナメント進出が決定。

2013/ 7/19 東南アジアクラブチャンピオンシップ グループC 第2節 vs Terengganu(H)
地元マレーシアのTerengganuと対戦。観衆5309人。
FWカスミール、FWシャークの2トップ。
27分、FWカスミールが相手ディフェンスラインの裏に抜け出し、ゴールを決めて先制。
前半ロスタイム、CKからDFママドウが合わせて追加点。
70分、FWカスミールが2点目を決めて、3-0で勝利。

2013/ 7/22 東南アジアクラブチャンピオンシップ 準々決勝 vs MCTPC(A)
ラオスのセミプロMCTPCと対戦。観衆9825人。
FWシャーリルとFWロアーニの2トップ。
6分、左MFボーハン・サレーが相手ゴール左に持ち込みクロス。ファーサイドで右MFに入ったイシャークが合わせて先制。
44分、左SBジャムクアマールの自陣左サイドから相手ゴール前へのロングボールに、FWロアーニが合わせて追加点。
後半は得点無く終わったものの、2-0で勝利。

2013/ 7/27 東南アジアクラブチャンピオンシップ 準決勝 vs Persitara(A)
インドネシアのセミプロPersitaraと対戦。観衆8882人。
右MFディクソン、GKゴンザレスが先発に復帰。
2013wood_form_sea_sf.jpg

20分、相手のCKから失点。
その後得点が奪えず、後半総攻撃の指示を出すも効果が無く無得点で終了。
0-1で敗れ、敢え無く準決勝敗退。3連覇を逃した。

MFガンドルミーニ(26)は試合中にタイミングの遅いタックルを受けて胸部の打撲で、4日から2週の戦力外

2013/ 7/31 東南アジアクラブチャンピオンシップ 3位決定戦 vs Terengganu(H)
マレーシアTerengganuと対戦。観衆14276人。
MFスライマンが怪我から復帰し、控えに入る。
13分、右MFディクソンのクロスを、ニアサイドで受けたMFダーナラーヤが決めて先制。
MFダーナラーヤは今季初ゴール。
36分に失点し同点とされる。
その後得点が奪えず、延長でも決着がつかずPK戦へ。
PK戦は4-3で勝利。
東南アジアクラブチャンピオンシップは3位に終わった。
賞金200万を獲得。

FWロアーニ(17)が試合中に足首のねんざで、2週から1ヶ月の戦力外

東南アジアクラブチャンピオンシップ
2013wood_sc07.jpg


関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。