FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

(57)Woodlands 2012年 9月

気が付くとSリーグも残り9節。
Woodlandsは2位に勝ち点差24をつけて首位。
8試合分の勝ち点差をつけており、優勝決定は時間の問題という所まで来ている。

問題は、今月から始まるアジアチャンピオンリーグの決勝トーナメント。
大幅な戦力減の中、どこまで戦えるだろうか。


2012/ 9/ 1 シンガポールカップ 準決勝 第1試合 vs Tampines(H)
リーグでは4位のTampinesとの対戦。観衆6783人。
2トップは若手FWシャーク(20)と、ベテランFWパク・テオン(35)。
疲労度を考慮し、他の先発メンバーも大幅入れ替え。
2012wood_form_scup_sfh.jpg

38分、右SBルサ・ハリムのクロスを、ゴール前で待ち構えていた左MFボーハン・サレーが頭で合わせて先制。
55分、相手チームに、ゴール正面のFKを弾丸シュートで決められて同点。
87分、MFダーナラーヤのパスで抜け出したFWパク・テオンが久しぶりのゴールを決めて勝ち越し。
試合はそのまま2-1で勝利。

2012/ 9/ 9 Woodlandsから21人が代表召集
20120909news_daihyo.jpg


2012/ 9/11 アジアチャンピオンリーグ 準々決勝 第1試合 vs Al-Hilal (KSA)(H)
クラブ評価額113億のサウジアラビアAl-Hilal (KSA)と対戦。観衆6723人。
代表召集で主力選手のほとんどを取られたため、控えの選手総動員で先発メンバーを組む。
2012wood_form_acl_qfh.jpg

圧倒的に攻められながらも何とか凌いで、前半は0-0で終了。
しかし60分に失点し、0-1で敗戦。

FWパク・テオン(35)が試合中にひざじん帯損傷で2週から1ヶ月の戦力外

2012/ 9/12 FW/MFスライマンが代表の試合中にひざじん帯損傷で2ヶ月から3ヶ月の戦力外
怪我から復帰したところでまた負傷。
しかも長期離脱により、今季絶望となった。

2012/ 9/15 Woodlandsリザーブがリザーブリーグで優勝
20120915news_res_win.jpg


2012/ 9/16 Sリーグ 第25節 vs Home Utd(H)
4位のHome Utdとの対戦。観衆6591人。
代表から全ての選手が戻った。
しかし、DFマルドナードは疲労がたまっていたため、メンバーから外した。
終始攻める展開だったが、得点は奪えず0-0の引き分け。

2012/ 9/19 アジアチャンピオンリーグ 準々決勝 第2試合 vs Al-Hilal (KSA)(A)
前の試合から中二日の上、晴れ35℃という過酷な条件での試合。観衆17215人。
第1戦では0-1で敗れているため、少なくとも1点は入れる必要がある。
前半は無得点で終了。
後半からは、ディフェンスラインを押し上げ、総攻撃を指示。
77分、相手ゴール左でボールを受けた左MFボーハン・サレーがファーサイドにクロス。
そこに飛び込んできた右MFディクソンがヘディングシュートを決めてついに得点。
ディクソンはWoodlands通算50点目のゴール。
これで2試合合計で同点となる。
試合はそのまま90分が終わり、延長へ。
この時点で選手のコンディションは60%台。

延長に入って103分、途中出場のユースFWシャーリルが相手ゴール前に抜け出すと、相手GKとの1対1を決めてゴール。
FWシャーリルの今季初ゴールで2試合合計で勝ち越し。
試合はそのまま終了。2試合合計2-1で準々決勝勝利。
コンディションが50%台まで下がる激闘であった。

2012/ 9/22 シンガポールカップ 準決勝 第2試合 vs Tampines(A)
第1戦は2-1で勝利しており、このリードを保てば勝ち抜け。
ユースで成長の兆しが見えるFWガザリー(16)を先発起用。
FWハルタードとの2トップを組む。
前の試合から中二日でコンディションが70%台までしか回復していないFWカスミール、MFディクソンを控えに回す。
その他の選手も、コンディションは軒並み80%台までしか回復していない。
試合は9分にCKから失点
46分に左MFウェイジアン・チャンがFKを直接決めて同点。
77分に失点し2試合合計で同点とされると、78分にも失点し1-3、2試合合計3-4と逆転される。
更に80分にも失点とディフェンスが崩壊。
85分にFWハルタードのゴールで2試合合計で1点差とするが、そこまで。
この試合2-4、2試合合計4-5でシンガポールカップ準決勝敗退となった。

2012/ 9/25 アジアチャンピオンリーグ 準決勝 第1試合 vs Melbourne Victory(H)
クラブ評価額24億のオーストラリアMelbourne Victoryと対戦。観衆6728人。
FWシャーク、FWカスミールの2トップでスタート。
ほとんどの選手がコンディション90%台前半。
再三相手ゴール前に迫るが、シュートをことごとく相手GKに弾かれる。
試合はそのまま得点無く、0-0で終了。

2012/ 9/30 Sリーグ 第26節 vs Niigata Unicorn (Singapore)(H)
6位のNiigata Unicorn (Singapore)との対戦。観衆6495人。
FWハルタードとFWガザリーの2トップ。
28分、FWハルタードが相手ゴール前に突破した所を倒されてPK。
PKを蹴るのに歩み出てきたのは、なんとDFハムクアマール。
DFハムクアマールは冷静にPKを決めて先制。そして、これがトップチームでの初得点。
39分、FWガザリーが負傷退場。交代でFWシャークが入る。
51分、MFダーナラーヤが負傷退場。交代でMFナズリ・モハメッドが入る。
78分、FWシャークが相手ディフェンスラインの裏に飛び出し、相手ゴール右に持ち込んだところでゴール前に走りこんだFWハルタードにパス。
FWハルタードがこれを決めて2-0。
試合は2-0で勝利。
この勝利でWoodlandsのSリーグ優勝が決定

FWガザリー(16)は試合中にひざじん帯損傷で2週から1ヶ月の戦力外
MFダーナラーヤ(28)は試合中に肋骨の骨折で、3週から2ヶ月の戦力外


2012/ 9/30 WoodlandsがSリーグで優勝
20120930news_sl_win.jpg

WoodlandsはSリーグ6連覇を達成。
20120930news_sl_win1.jpg

20120930news_sl_win2.jpg


2012 Sリーグ 第26節終了
2012sl_ranking26.jpg

Sリーグ 第25節~第26節、シンガポールカップ 準決勝
アジアチャンピオンリーグ 準々決勝、準決勝 第1試合

2012wood_sc06.jpg

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。