FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

(21)Loko (Gorna) 2007年 9月

ブルガリアBグループ(2部リーグ相当)は東西に2リーグに分かれており、それぞれ14チームが所属。2回戦総当り、全26節で争われる。
優勝チームは昇格、2位チームはプレーオフ。下位2チーム、つまり13位以下はは降格となる。

現在5節が終了し、Loko (Gorna)は8位。
5位から13位までの勝ち点差は3しかないため、一つの勝敗で大きく順位が変わる状況。
理事会、サポーターからは降格争いを勇敢に戦うことを求められている。

2007/08 ブルガリア Bグループ西 第5節終了
2007blbw_ranking05


現在の所属選手は25人。そのうち、期限付き移籍選手が3人。
2人が負傷している。
外国人選手の所属は認められていないが、ルーマニアやハンガリー、ポーランド等、近隣の国の選手の所属は認められている。
基準は良く分からない。

チームに設定されている週給上限は合計200万で、現在は33万。
移籍資金は無いが、賃金予算的には補強の余地が残されている。

主な初期メンバー
・DRC/コバチェフ(25)/ブルガリア
ディフェンスの中心。AグループLitexからレンタルで在籍。
・MC/ペネフ(23)/ブルガリア
人柄が「リーダー」で、チームのリーダー的存在。
・AML/アンゴフ(23)/ブルガリア
全体的な能力が高い、左のウイング。
・AMR/レンペノフ(19)/ブルガリア
スピードのある右MF。AグループLevski (Sofia)からレンタルで在籍中。
・ST/チェレベンコフ(21)/ブルガリア
決定力と冷静さを併せ持つストライカー。AグループCSKA (Sofia)からレンタルで在籍中。
プレイスタイルに「球離れが悪い」があるのがどうでるか。
・ST/ボリソフ(22)/ブルガリア
能力的にはFWチェレベンコフと共に攻撃の中心として期待される選手。
ここまで今季無得点。

2007/ 9/18 GKディモフ(20)が練習中にももの打撲で、4日から2週の戦力外
2人しかいないGKのうち1人が負傷

監督就任から1週間も経たないうちに、最初の試合がやってきた。

2007/ 9/22 ブルガリアBグループ西 第6節 vs Pirin (Gotse Delchev)(H)
2位のPirin (Gotse Delchev)と対戦。観衆1844人。
2007loko_form_l06

5分、簡単にディフェンスの間をドリブルで割られ、そのままゴールを決められ先制を許す。
24分、FWチェレベンコフが相手のゴールキックをDFの前でカットし、そのまま相手ゴールに突進しゴール。同点とする。
31分、相手に右サイドを簡単に突破され、そのままゴールを許して1-2。
43分にも失点し1-3で前半終了。
後半に入って80分、CKから交代出場のFWネノフがゴール前で合わせて1点差とする。
その後も相手ゴール前で何度かチャンスがあるが得点を奪えず。
2-3で敗戦。11位に後退。

これまでは財務的な面を考慮し、選手獲得を押さえ気味にした。
が、それはリーグ戦が進む中で選手不足を招き、良い結果には繋がらなかった。
そこで今回は積極的に選手獲得を行い、この時点で既に4名の移籍が決定。
しかし全員他チームに所属中であるため、チームに合流するのは移籍期間の始まる2008/1/1である。

2007/ 9/26 ブルガリアBグループ西 第7節 vs Hebar(A)
6位のHebarとの対戦。
序盤は相手の攻勢が続くが、相手のシュートがポストを叩くなどして失点を免れる。
15分過ぎくらいからペースを取り戻し、敵ゴール前での展開が増える。
そして54分、FWボリソフ(22)が今季初ゴールで先制。
ロスタイムには交代出場のFWペトコフが、このチームでの初ゴールを決め2-0として勝利。
6位に浮上。

左MFアンゴフ(23)が試合中にひざじん帯損傷で、2週から1ヶ月の戦力外

2007/ 9/29 GKチウルキン(18)を獲得
・GK/チウルキン(18)/ポーランド
フリーであったため、直ぐに合流。
これまでのGKヘレスファブリは反応9、1対1 4に対し、チウルキンは反応11、1対1 14。
大幅な守備力アップが期待できる。

2007/ 9/29 ブルガリアBグループ西 第8節 vs Rilski sportist(A)
9位のRilski sportistとの対戦。
GKチウルキン(18)はまだ試合経験不足だったが先発起用。
10分、相手にPKを取られるが、シュートをふかして失点を免れる。
その後、何度か相手のシュートをGKチウルキンが好セーブで防ぐ。
しかし、37分に左斜めからのシュートを決められ失点。
それ以上の失点はなかったが、得点も奪えず0-1で敗戦。9位に後退。

ブルガリア Bグループ西 第6節~第8節
2007loko_sc01


2007/08 ブルガリア Bグループ西 第8節終了
2007blbw_ranking08


9月の収支は200万のプラス。
財務的には良好。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。