FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

(6)Kookmin Bank 2006年 9月-10月

後期リーグ開幕

いよいよ韓国K2リーグの後期リーグが始まる。
前期8位に終わったKookmin Bankは、後期優勝を目指す。

K2リーグでは、控え登録選手は9名。交代は4名までとなっている。
外国籍選手は1チーム3名まで。但し、GKに外国籍選手を置くことは出来ない。
Kookmin Bank所属選手は27名で、全員が韓国籍。
7人が故障中であるため、開幕戦は残りの選手全員が出場登録されることになった。

2006/ 9/ 2 K2リーグ 後期 第1節 vs BTC(A)
2006kookmin_form_b01

前期10位のBTCと対戦。
新加入GKキム・ボン・ソーは何とか風邪から回復したが、コンディションは85%。
試合前での報道ではKookmin Bankが絶対優位だったが、試合は互角の展開。
得点のないまま時間が経過し、62分には左MFキム・ジョン・ヒュン(33)が負傷退場。
82分、左MFに交代で入ったキム・ヨン・ドン(27)のゴールで先制。
その後を守りきって、1-0で勝利。

MFキム・ジョン・ヒュン(33)は試合中に腰のけがで2ヶ月から3ヶ月の戦力外

2006/ 9/ 4 FWハン・セウ・イク(19)がU19韓国代表として試合出場
FWハン・セウ・イク[能力値]は、これがU19代表として初めての試合出場。

2006/ 9/ 9 K2リーグ 後期 第2節 vs Changwon City(H)
前期最下位のChangwon Cityと対戦。観衆5212人。
40分、FWチョイ・バイ・セク(24)のゴールで先制。
73分に失点し同点に追いつかれるが、80分、交代出場のFWハン・セウ・イク(19)がFKを直接決めて勝ち越し。
ところが、直後の82分に失点し再び同点。
その後、勝ち越し点を奪えず2-2の引き分けに終わった。

2006/ 9/11 Kookmin BankがLam Pakと提携を発表
20060911news_teikei

マカオ第1ディビジョンのアマチュアLam Pakを傘下クラブとした。

Lam Pak情報
20060911LamPak_info

2006/ 9/12 K2リーグ 後期 第3節 vs Suwon City(A)
前期2位のSuwon Cityとの対戦。
U19韓国代表にも選ばれ、好調のFWハン・セウ・イク(19)を先発起用。
15分、相手のCKからゴール前で合わされて失点。先制を許す。
後半に入って56分、相手のオウンゴールで同点に追いつく。
しかし64分、こちらのゴールキックが直接相手に渡り、そのままゴールを許し再びリードされる。
試合はそのまま終わり1-2で敗戦となった。3節が終わって6位。

2006/ 9/23 K2リーグ 後期 第4節 vs Hallelujah(H)
Hallelujahとの対戦。観衆5073人。
23分、FWハン・セウ・イク(19)のゴールで先制。
更に28分FWチョイ・バエ・シク(24)、32分右MFキム・ヨン・ドン(27)と連続ゴールで3-0。
前半終了間際にDFドン・ジ・ドク(26)が負傷退場。
試合はそのまま3-0で勝利。首位と勝ち点差5の4位となる。

DFドン・ジ・ドク(26)は試合中に手首の骨折で、1ヶ月の戦力外
DFリュー・ビュン・フー(30)は累積警告で次の試合出場停止

2人ともCBの選手で、次の試合、レギュラーのCB2人が出場できなくなった。

2006/ 9/30 K2リーグ 後期 第5節 vs Seosan(A)
11位のSeosanと対戦。
30分、72分と失点すると、後は何も出来ず終了。
0-2で敗戦。6位に後退。

2006/10/ 3 K2リーグ 後期 第6節 試合なし
奇数チームでのリーグ戦なので、試合がない節が出てくる。
代わりに10/7に香港のアマチュアチームと親善試合を行い、6-1と大勝。

2006/10/14 K2リーグ 後期 第7節 vs HMD(H)
6位のHMDとの対戦。観衆6786人。
9分、この試合先発起用のFWキム・キ・ジョン(31)が今季初ゴールで先制。
これをきっかけに、この試合5ゴールの大爆発。
FWハン・セウ・イク(19)も2ゴールを決め、7-1の大勝。
これで再び4位に浮上。

FWキム・キ・ジョン(31)は試合中にひざじん帯損傷で、2週から1ヶ月の戦力外
大爆発したFWキム・キ・ジョンだったがロスタイムに負傷。これがこの後期リーグで最初で最後の活躍となった。

MFキム・サン・ドク(21)は試合中に顔面の負傷で、4日から2週の戦力外

K2リーグ 後期 第1節~第7節
2006k2_sc02


2006 K2リーグ 後期 第7節終了
2006k2_ranking_b07


首位は後期開幕から5連勝のSuwon City。しかし、その後は1分1敗。7試合消化で勝ち点16。
一時大きく離されたKookmin Bankだったが、6試合消化で勝ち点10。
まだ逆転の目はある。

関連記事
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。