FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

全つく::リベリア編

リベリアのサッカー

リベリア

地図:リベリアリベリアは西アフリカに位置する国で、南と西を大西洋に面し、北をシエラレオネ、ギニア、東をコートジボワールと接しています。
人口約400万人、面積は11万km²で日本の約3分の1。

アメリカの解放奴隷により建国された国で1847年に独立。
1989年から2003年にかけて内戦が断続的に2度発生し国内が荒廃。
現在は安定を取り戻し、国の再建が進められている状況です。

サッカー代表チームはワールドカップへの出場は無いものの、アフリカネイションズカップへは2回出場。
いずれも1次リーグ敗退となっています。
歴代代表選手ではリベリアの怪人と呼ばれたジョージ・ウェアが有名。

国内リーグは1956年にスタート。
記録として確認されている中で最多優勝チームは、Mighty BarolleInvincible Elevenでそれぞれ13回優勝。
Invincible Elevenはジョージ・ウェアが国外に移籍する前に所属していたチームです。


作成データ

Liberia.2_DB12.2.0_norei.dbc

2部リーグまで作成。チームは基本的にセミプロ。
1部リーグは16チームの構成で、2回戦総当りでリーグ戦を行い下位2チームが降格。
2部リーグは18チームで、2回戦総当りで上位2チームが昇格。下位2チームが下部リーグへ降格となります。

参考

リベリアプレミアリーグ(wikipedia)
Liberia 2010/11(rsssf)
Liberia (2010-2011)(Footiemap.com)

スポンサーサイト

PageTop

全つく::コートジボワール編

コートジボワールのサッカー

コートジボワール

コートジボワールmapコートジボワールはアフリカ西部に位置し、南は大西洋に面しています。
北はマリ、ブルキナファソ、西はギニア、リベリア、東はガーナと接しています。
人口2100万人、面積は32万km²で日本の約9割。

1960年にフランスから独立。
1960年代から1970年代にかけては「イボワールの奇跡」と呼ばれる経済的発展を遂げました。
しかし1999年にクーデター、更には2002年には内戦が発生。国内が南北に分断される状況となりました。
現在では国を二分する状況は解消されたものの、政治的不安定な状況は未だ続いているようです。

サッカー代表チームは、ワールドカップへは2006年、2010年と2年連続で2回出場。
いずれもグループステージでの敗退。
アフリカネイションズカップへは18回出場。優勝は1992年の1度。
直近の2012年大会では準優勝という成績を残しています。

独立前からリーグ戦が行われていたようですが、コートジボワールとしての国内リーグが始まったのは1960年。
最多優勝チームはASECで24回、次がAfrica Sportsの17回となっています。

大陸レベルの大会ではチャンピオンズリーグでASECStade d'Abidjanがそれぞれ1回優勝を果たしています。

作成データ

CoteDivoire.2_DB12.2.0_norei.dbc

2部リーグまで作成。
1部リーグは14チームが2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループ上位3チームが決勝リーグへ、下位2チームが降格プレーオフに進みます。
決勝リーグ、及び降格プレーオフは本来は2回戦総当りで行われますが、ゲームではシステムの都合上1回戦総当りとなります。
降格プレーオフでは、下位2チームが降格となります。

2部リーグはAbidjanとl'Intérieurの2地域に分かれており、両チームとも12チーム所属。
2回戦総当りで優勝チームが昇格。最下位チームが降格。
11位のチームは、降格プレーオフに進みます。

参考

コートジボワールサッカー協会公式サイト
Ivory Coast 2011(rssst)
Ligue 1(soccerway)
Côte d'Ivoire Premier Division(wikipedia)


PageTop

全つく::ブルキナファソ編

ブルキナファソのサッカー

ブルキナファソ

地図:ブルキナファソブルキナファソは、西アフリカの内陸部に位置しています。
北をマリ、ニジェール、南をコートジボワール、ガーナ、トーゴ、ベナンと接しています。
人口1500万人、面積は27万km²で日本の7割程。

1960年にフランスから独立。
独立後は数度のクーデターが起こり、一時は社会主義路線をとったものの、1990年以降は複数政党制、大統領制をとる共和制国家となっています。

サッカー代表チームはワールドカップへの出場は無いものの、アフリカネーションズカップへは8回出場。
最高成績は、1998年大会の4位となっています。

国内リーグは1961年よりスタート。
最多優勝チームはEtoile Filanteの12回、ASFA-Yennengaがそれに続いて11回。
ASFA-Yennengaは2009年から2011年まで3連覇を果たしています。
大陸レベルの大会では目立った成績は残せていないようです。


作成データ

BurkinaFaso.2_DB12.2.0_norei.dbc

2部リーグまで作成。
1部は10チームづつの2グループに分かれて2回戦総当りのリーグ戦を行い、各グループ上位4チームが決勝リーグに進みます。
各グループ下位2チームは降格。

2部は12チームづつの2グループで、各グループ上位2チームが昇格。
下位3チームが下部リーグへの降格となります。

参考

Burkina Faso 2010/11(rsssf)
Burkinabé Premier League(wikipedia)
1ère Division(soccerway)


PageTop

全つく::ガーナ編

ガーナのサッカー

ガーナ

ガーナmapガーナはアフリカ西部の国の一つ。
南を大西洋に面し、北をブルキナファソ、東をトーゴ、西をコートジボワールと接しています。
人口2400万人、面積は24万km²で日本の約3分の2。

1957年にイギリスから独立。
独立後はクーデータが相次ぎ政情不安な状態が続いていたものの、1990年代から民主化が進み政情が安定。
その後は大きく経済的発展を遂げています。

サッカー代表チームは2006年、2010年と2大会連続でワールドカップに出場。
2010年大会ではベスト8まで進出。
アフリカネイションズカップへは17回出場し、4回の優勝を果たしています。

国内リーグは植民地時代の1920年に首都アクラでスタート。
正式な全国リーグは、独立後の1958年より始まっているようです。
最多優勝チームはAsante Kotokoで22回、これを追うのがHearts of Oakで19回。

大陸レベルの大会ではチャンピオンズリーグでAsante Kotokoが2回、Hearts of Oakが1回優勝。
コンフェデレーションカップではHearts of Oakが1回優勝という成績を残しています。

この他、ガーナには欧州の有名チームにあやかったArsenalChelseaといったチームがあるのですが。2部には日本のガンバ大阪にあやかったGamba All Blacksというチームが存在します。
今回のデータでも2部Zone 3所属のチームとして登録しています。


作成データ

Ghana.2_DB12.2.0_norei.dbc

2部リーグまで作成。
1部は16チーム。2回戦総当りで下位3チームが降格。
2部は3つのゾーンに分かれており、各ゾーンは更に8チームづつの2グループで構成。
各グループ2回戦総当りで、グループ最下位チームは降格。
ゾーン内のグループ上位2チームの計4チームは更にリーグ戦を行い、各ゾーンの優勝チームを決定。
各ゾーンの優勝チームが1部昇格となります。


参考

Ghana 2010/11(rsssf)
Premier League(soccerway)
Ghana Premier League(wikipedia)



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。