FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

全つく::カメルーン編

カメルーンのサッカー

カメルーン

カメルーンmapカメルーンはギニア湾岸の国の一つで、西がギニア湾。
北をナイジェリア、チャド、東を中央アフリカ共和国、南を赤道アフリカ、ガボン、コンゴ共和国と接しています。
面積47.5万km²で日本の1.2倍、人口は約2000万人。

第1次世界大戦まではドイツ植民地でしたが、その後西部がイギリス、東部がフランスの植民地として分割。
独立は1960年にまず東のフランス領カメルーン。1961年には西のイギリス領カメルーンが独立し、北部がナイジェリア、南部がカメルーンに合併し現在に至っています。

サッカー代表チームは、ワールドカップには6回出場し、最高成績はベスト8。
アフリカネイションズカップには16回の出場で、4回優勝。
この他、2000年のシドニーオリンピックでは金メダルを獲得しています。

国内大会は1933年にスタート。
現行のリーグ戦は独立後の1960年から始まっています。
最多優勝チームはCoton Sportで、2010年、2011年シーズンも優勝しています。
またカメルーンのクラブチームは、アフリカチャンピオンズカップで合計5回の優勝を果たしています。

作成データ

Cameroon.3_DB12.2.0_norei.dbc

3部リーグまで作成。
1部、2部ともに14チームの2回戦総当りで、それぞれ上位3チーム、下位3チームが入れ替えとなります。
3部リーグは5地域に分割されており、実際には各地域ごとに複数のグループに分かれる等複雑な構成になっています。
今回のデータでは各地域一律10チームでの2回戦総当りとしました。
各地域の優勝チーム5チームが更にリーグ戦を行い、上位3チームが昇格となります。
また、各地域最下位チームは下部リーグへの降格となります。
1部リーグはほぼプロチームですが、一部セミプロチームも含まれる構成です。

参考

Cameroon 2010/11(rsssf)
MTN Elite One(wikipedia)
Elite ONE(soccerway)

スポンサーサイト

PageTop

全つく::赤道ギニア編

赤道ギニアのサッカー

赤道ギニア

赤道ギニアmap赤道ギニアはギニア湾岸の国の一つ。
ガボンの北西、カメルーンの南西部に位置する大陸部の一角とギニア湾のエロベイ諸島から成っています。
首都マラボは大陸側ではなく、ビオコ島にあります。
面積は2.8万km²で四国の1.5倍。人口は約70万人。

植民地時代にポルトガルからスペインに割譲された地域で、1968年に独立。
独立後は独裁体制が続き、クーデターやクーデター未遂が頻発しています。
経済は1992年に石油・天然ガス生産が始まってから急速に成長しているとのこと。

サッカー代表チームはワールドカップ、アフリカネイションズカップともに予選敗退が続いていましたが、2012年のアフリカネイションズカップには開催国として出場。
グループステージを突破し、準々決勝での敗退となっています。

国内リーグは1979年にスタート。
2011年からはプロ(セミプロ)リーグに改編され、2011年は12チーム、2012年は16チームに拡大してリーグ戦が行われています。
大陸レベルの大会では目立った成績は残せていないようです。

作成データ

EquatorialGuinea.1_DB12.2.0_norei.dbc

1部リーグのみ作成。
ゲームは2011年(2010/11シーズン)からスタートとなりますが、最初から16チームの2回戦総当りとしています。
そのため、2011年のリーグ参加チームは実際と異なっています。
参加チームは全てセミプロで、下位2チームが降格です。

参考

Equatorial Guinea 2012(rsssf)
Equatoguinean Premier League(wikipedia)

PageTop

全つく::ガボン編

ガボンのサッカー

ガボン

ガボンmapガボンはギニア湾岸の国の一つ。
北にカメルーン、赤道ギニア、東、南をコンゴ共和国と接し、西側はギニア湾となっています。
人口150万人、面積26.7万km²で日本の約3分の2の大きさ。

1960年にフランスから独立。
産油国であり、アフリカの中では比較的裕福な国であるようです。

サッカー代表チームは、1990年からワールドカップ予選に参加していますが本大会出場は無し。
アフリカネーションズカップでは2012年以前には3回の出場があり、いずれも1次リーグ敗退。
赤道ギニアと共に開催国として出場の2012年大会ではベスト8進出を果たしました。
また、U22代表は2012年ロンドンオリンピックへの出場を決めています。

国内リーグは1968年にスタート。
大陸レベルの大会では目立った成績は残していないようです。

作成データ

Gabon.1_DB12.2.0_norei.dbc

1部リーグのみ作成。
14チームの2回戦総当りで、下位2チームが降格となります。
プロとセミプロの混成リーグですが、半数以上がプロチームです。

参考

Gabon Championnat National D1(wikipedia)
Gabon 2009/10(rsssf)
Championnat D1(soccerway)

PageTop

全つく::コンゴ共和国編

コンゴ共和国のサッカー

コンゴ

地図:コンゴ共和国コンゴ共和国はアフリカ中央部東岸にあり、コンゴ民主共和国の西に位置する国です。
北をカメルーンと中央アフリカ共和国、東をガボンと接しています。
人口400万人、面積は34万km²と日本より若干小さい大きさ。

コンゴ民主共和国が旧ベルギー領であったのに対し、コンゴ共和国は旧フランス領でした。
1960年に独立。1990年に入って新旧の大統領の対立が戦闘にまで発展。
しばらく政情不安な状態が続きましたが、2000年以降は徐々に武装解除が行われ治安が回復しています。

サッカー代表チームはワールドカップ予選には1974年以降参加しているものの、いずれも予選敗退。
アフリカネイションズカップでは1972年に優勝を飾っているものの、2002年以降は予選敗退が続いています。

国内リーグは独立前の1931年から行われており、コンゴ共和国のリーグとしては1961年にスタート。
地域ごとにリーグ戦を行い最後に優勝決定戦を行う形式や、通年の全国リーグを行う形式等、大会形式は度々変更されています。
2012年は、首都Brazzavilleと、Pointe-Noire(Brazzaville以外のチーム)のグループに分かれてリーグ戦を行い、上位2チームづつで優勝決定戦を行う形式となっています。

最多優勝チームは Etoile du Congo ですが、近年は Diables NoirsAC Léopard が有力チームとして頭角を現してきているようです。

作成データ

Congo.1_DB12.2.0_norei.dbc

1部リーグのみ作成。
BrazzavilleとPointe-Noireの2グループに分かれてリーグ戦を行い、上位2チームがホーム&アウェイでトーナメントを行い優勝チームを決めます。
2011年は各グループ12チーム、2012年は14チームですが、今回のデータでは2012年以降に合わせて2011年も各グループ14チームとなっています。
また、各グループ下位2チームは降格となります。

参考

Congo Premier League(wikipedia)
Congo Ligue 1(soccerway)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。