FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

(4)アメリカ領サモア 2007年 前半

アメリカ領サモアの監督となったノレイ・ラモス。
最初の1勝にむけ、試行錯誤が続く。


オリンピック予選

2008年に行われるオリンピックの予選が始まった。
U19、U21の年代別代表には専属の監督が決まっているが、U23代表はノレイ・ラモスが兼任しなければならない。

2007/ 1/12 オリンピックオセアニア予選 グループA vs サモア(N)
オリンピック予選初戦は隣国のサモア独立国。観衆553人。
アメリカ領サモアのU23の選手は7~8人程度。
残りは臨時の選手(灰色選手)で賄わなければならず、試合にならないのではないかと思われた。
しかし、実は正式な選手(白色選手)より、臨時の選手の方が能力が高く、意外な善戦を見せた。
2007asa23_form_oloq01.jpg

A代表と同じく、4-5-1を採用。
6分、ゴール前に持ち込まれると、自チームのDFに当たったボールがゴールに入り、オウンゴールで先制を許す。
その後得点の無いまま終盤を迎える。
74分、CKから臨時の選手がゴールを決め、1-1の同点とする。
更に85分、臨時の右MFJerahl Carayolの選手がスルーパスで相手のディフェンスラインを抜けゴールを決め逆転。
Jerahl Carayolはクラブチームなら契約したいくらいの能力の持ち主だが、代表ではそれが出来ない。、
試合はそのまま終了し、2-1で終了。
ノレイ・ラモスの初勝利はU23代表だった。

幸先の良いスタートをきったU23代表。
しかし、この後フィジー、ソロモン諸島、ニュージーランドのU23代表と対戦したが、いずれも敗戦。
グループステージ5チーム中4位となり、オリンピック予選はあっけなく敗退となった。


オリンピックオセアニア予選
2007asa23_sc01.jpg

オリンピックオセアニア予選 グループA 最終成績
2007olo_q_a.jpg


2007/ 1/ 17 世界ランキング発表
20070117news_ranking.jpg

199位に後退。

2007/ 2/ 7 親善試合 vs ソロモン諸島(H)
世界ランキング153位のソロモン諸島と対戦。観衆2999人。
前回のオセアニア選手権では準優勝を果たしており、オセアニア地区ではニュージーランドに次ぐ強豪と言える。
この日はU21代表の試合も同時に行われるため、主力の何人かの選手を起用できない。

4-5-1を採用。
1トップにFWアツアレバオ(27)を起用。
両サイドにFWを起用しているため、3トップと見ることもできる。
GKにはサベアを起用。
2007asa_form_fr01.jpg

1分、FWアツアレバオが相手GKのゴールキックをゴール前でカットし、GKとの1対1を決めて先制。
4分に失点するが、5分、FWフラニコが相手ディフェンスラインと入れ替わる形でボールを受け、そのままシュートを決めて勝ち越し。
しかし28分には相手選手に中盤をドリブルで突破され、ゴール前でパスをつながれ失点。
前半は2-2の同点で終了。
後半は0-0のまま時間が経過し、ロスタイムへ。
ここでFWアツアレバオがペナルティエリア左斜めでボールを受けると、そのままシュートを決めて勝ち越し。
これが決勝点となり、3-2でA代表でも初勝利を達成した。

2007/ 2/14 世界ランキング発表
アメリカ領サモアは191に上昇。

2007/ 3/14 世界ランキング発表
20070314news_ranking.jpg

アメリカ領サモアは190位に上昇。
前回の発表から試合をしていないのに、なぜかランキングポイントが増えている。

2007/ 3/18 FWロビー・ルババタール(29)が練習中に顔面の負傷で2週の戦力外
次の親善試合に出場できなくなった。

2007/ 3/28 親善試合 vs アルーバ(H)
世界ランキング200位のアルーバと対戦。
相手は南米ベネズエラの北西沖に浮かぶオランダ領の島。
テレビでは、前半のうちにアルーバが2、3点取ってもおかしくないという評価。
2007asa_form_fr02.jpg

序盤からアルーバの攻撃が続く。
GKアミソーネのセーブでなんとか失点を免れていたが、43分ついに失点。
後半にも25mのシュートを決められ0-2で敗れた。

ソロモン諸島に勝ったことで軌道に乗るかと思われたアメリカ領サモアだったが、そう簡単にはいかなかった。

親善試合
2007asa_sc01.jpg


スポンサーサイト

PageTop

(3)アメリカ領サモア 2006年 7月-12月

アメリカ領サモアのサッカーの状況をある程度把握ところで、ノレイ・ラモスはチーム作りに着手。

現状、監督以外のスタッフがいないため、アシスタントマネージャーをはじめ、コーチ、フィジカルコーチ、年代別チームの監督を集める必要がある。
そこで無所属の監督、コーチの中から適切と思われる人物に依頼した所、意外にもあっさり受け入れられた。
大陸レベルの知名度を持つ者も何人かおり、なかなかの陣容。


アメリカ領サモアのスタッフ
20070110asa_staff_info.jpg

20070110asa_staff_param.jpg


そして、年内に3試合の親善試合を組む。
まずは1勝が目標である。


2006/ 8/16 世界ランキング発表
20060816news_ranking.jpg

アメリカ領サモアは197位。

2006/ 9/ 2 親善試合 vs グアム(H)
初戦はFIFAランキング199位のグアムと対戦。入場者数2976人。
まずは4-4-2の布陣に現状の代表選手を配置しテスト。
期待していた若手GKアミソーネ(20)が故障。止む無くGKニッキー・サラプ(27)を起用。
2006asa_form_fr01.jpg

同じ群島のランキング下位のチームで、互角の展開を期待していた。
しかし15分にディフェンスの裏を取られ失点すると、35分、36分と連続失点。
後半ロスタイムにも失点し、4-0の完敗。

グアムがシュート数5に対し、アメリカ領サモアはシュート数1。
枠内シュートに限れば0であった。
また、個々の選手を比較すると、グアムのほうが圧倒的に能力が高い。

2006/ 9/ 6 親善試合 vs 東チモール(H)
世界ランキング207位の東チモールと対戦。入場者数3000人。
相手は2002年5月20日に独立を果たした国で、サッカーの環境もあまり整っていないことが想像できる。
このチームになら互角に戦えるだろうと思っていたが、甘かった。
2006asa_form_fr02.jpg

4-4-2でスタート。
前半5分、相手に左サイドに持ち込まれ、クロスボールをニアサイドで合わされ失点。
12分、DFのクリアボールが相手に渡り、ゴール前につながれシュートを決められ0-2。
17分にはFKを直接決められる。
31分にも簡単に中盤を簡単に破られ失点し、前半だけで0-4。

後半からダブルボランチの4-5-1に変更。
すると中盤はある程度機能。
61分にPKで失点。87分にも失点し0-6で終了。
大敗に終わったが、ディフェンス面では後半は希望の持てる展開でもあった。
攻撃面では、この試合でもシュート数2、枠内シュートは0。

国内のチームを巡回し、選手を発掘する。
1が並んでいなければ代表候補のつもりだったが該当する選手は少なく、何か飛びぬけた能力があれば1が並んでいても代表候補にすることにした。


2006/10/ 7 親善試合 vs セントビンセント(H)
セントビンセントと対戦。入場者数2999人。
相手国の正式名称は、セントビンセントおよびグレナディーン諸島。
カリブ海の島国である。世界ランキングは130位。
親善試合を組む時に気が付かなかったが、FWにMarlon Jamesという決定力14、スピード16の選手がいる。
こちらのDFに止められるだろうか。

今回は4-5-1でスタート。スピード10のFWソーガ・マイナ(27)を1トップに起用。
そしてスピード9のFWロビー・ルババタール(28)はDMに配置する。
GKには、ようやくアミソーネ(20)を起用することが出来た。
2006asa_form_fr03.jpg

試合の方は39分、スルーパスで抜け出したJamesに決められ失点。
しかしその後は良く守り、得点は奪えなかったものの0-1の僅差で終わることが出来た。

相変わらずシュート数は2と少ないが、ようやく枠内シュートに1を記録。
これはフリーキック10の左MFウイリアタ(20)が蹴ったFK。
枠には飛んだものの、相手GKにキャッチされた。
今後の得点源としては期待できるかもしれない。

親善試合
2006asa_sc01.jpg


2006/12/31 MFウイリアタ(20)が骨折で、最長6ヶ月戦線を離脱
期待したウイリアタだが、長期離脱となってしまった。

PageTop

(2)アメリカ領サモアの状況

アメリカ領サモアの代表監督に就任したノレイ・ラモス。
まずは国内サッカーの現状を調査。


国内には全部で10のクラブチームが存在する。
asa_clubs.jpg


Konikaの情報
20060714konika.jpg


クラブチームのうちの一つKonika
アマチュアで、クラブ評価額は30万。
施設は、簡易的なトレーニング施設と、最低限のユース施設。
正式な所属選手(白色選手)は6名。

他のチームも状況はほとんど変わらず、正式な所属選手は各チーム3~6名。
無給の選手も多い。

アメリカ領サモア全体では、正式なサッカー選手は30名程度。
最もスピードのある選手でスピード10、平均は5~6程度。
FWの決定力はいずれも一桁で、最も優れた選手で7。
DFのマーキングは最大で10といったところ。
代表選手であっても、多くの能力値に1~4が並ぶ。

主な選手
・GK/アミソーネ(20)/アメリカ領サモア
国内にいるGKは3人で、この選手が一歩抜きん出ている。
まだ若く、将来が期待される。

・DC/ツプオーラ(28)/アメリカ領サモア
国内で最も優れたDF。
マーキング、スピードが優れるが、それでも二桁にいかない。

・DR/オッツ(20)/アメリカ領サモア
メンタル面の能力が高い右SB。

・AMC/トラビス・シナパティ(27)/アメリカ領サモア
中盤でのひらめきに期待。

・ST/イトウ・テレサ(25)/アメリカ領サモア
イトウという名前を持つが、日系なのかどうかは不明。

・ST/ロビー・ルババタール(28)/アメリカ領サモア
スピードのあるFW。中心選手として期待される。

PageTop

(1)アメリカ領サモア

プロローグ

観光でアメリカ領サモアに滞在していたノレイ・ラモスは、整備されていないグラウンドで練習するサッカー選手たちを見つめていた。
こんな環境の整っていない所でも情熱を持ってサッカーに接する選手達を見て、心を動かされていた。

地元の選手たちはノレイ・ラモスが日本でプロとして活動していたことを知ると、コーチを頼み込む。
日本では無名選手のまま終わったノレイ・ラモスだったが、彼らには教えられることがたくさんあった。

そのころ、同地域の代表監督が病気で倒れるという事件が起こる。
日本の有名選手が島にきていると聞きつけたサッカー協会が監督就任のオファー。
ノレイ・ラモスは誰かと間違えているのではないか、冗談じゃないよと思いつつも、その熱心さについに代表監督就任を承諾したのだった。


2006/ 7/14 アメリカ領サモアがノレイ・ラモスを監督に任命
20060714news_ninmei.jpg

アメリカ領サモア。
オーストラリアの東、ニュージーランドの北東に位置する、南太平洋のサモア諸島の東半分を占めるアメリカの自治領。
西半分はサモア独立国という独立国になっている。
トゥトゥイラ島にあるパゴパゴが中心都市。人口は70000人程度。

世界ランキングは197位。
人口が少ないうえにサッカーの人気は高くなく、サッカーアメリカ領サモア代表は世界最弱レベルと言われている。
実際、2001年4月11日のオーストラリア代表との対戦では0-31という大敗を喫している。
そしてFIFA加盟チームに対しての勝利は未だ果たしていない。
この国よりランキング下位のチームはあるが、それは試合を行っていないためポイント的に下位に位置しているだけで実力とは別の問題と考えたほうが良い。

アメリカ領サモア所在地
map_asa.jpg

アメリカ領サモア(GoogleMap)
地図中央の島はAmerican Samoaのみの表記となっていますが、西半分がサモア独立国、東半分がアメリカ領サモアです。

北にトケラウ(ニュージーランド領)、北西にツバル、西にフィジー、ウォリスおよびフツナ諸島、南にトンガ、ニウエといった島国(自治領)がある。
隣国のサモアをはじめ、フィジー、トンガ、ウォリスおよびフツナ諸島等も独立したサッカー協会を持っており、代表チームを編成している。
しかし、やはり世界ランキングでは最底辺近くに位置しており、アメリカ領サモアとはライバルとなる国々である。

世界ランキング 182位~最下位(2006/7/14現在)

今回選択したリーグは、以下の通り。
下位カテゴリーのリーグは、ほとんど選択していません。

イタリア/セリエB以上
イングランド/リーグ2以上
ドイツ/第2ディビジョン以上
スペイン/第2ディビジョン以上
オランダ/第1ディビジョン以上
オーストリア/Aリーグ
マレーシア/プレミアリーグ以上

合計7ヶ国15リーグ

アメリカ領サモアの代表チームを選択してゲームスタートです。


PageTop

代表チームの監督になれる国、なれない国(FM2007)

フットボールマネージャーでは、クラブチームだけでなく、代表チームの監督に就任した状態でゲームを始めることができます。
尚、以下はフットボールマネージャー2007(FM2007)に関してです。


まず、稼動するリーグとしてイタリアイングランドオランダスペインドイツの5ヶ国を選択してゲームをスタート。

監督情報設定時に右上の「リーグ」を押すと、稼動しているリーグの他に、「国」という項目があります。
ここで「国」を選択すると国の一覧が表示され、選択した国の代表チームの監督に就任した状態でゲームを始めることができます。
step2.jpg

この場合、選択できる国は以下の通り。
countrylist1.jpg

次に、上記で選択した5ヶ国以外にオーストラリアマレーシアを選択してゲームをスタートした場合どうなるでしょうか。

step2a.jpg

いくつか選択できる国が増えています。
選択できる国は以下の通り。
countrylist2.jpg

気になるのが、アメリカ領サモア。Wikipediaによると以下のような説明になっています。

人口が少ない上に、アメリカ領ということもあってアメリカンフットボールが圧倒的人気を占めるため、サッカーの実力は世界最弱レベルとして知られる。2001年4月11日のオーストラリア代表との試合では0-31での敗北を喫したが、これは国際Aマッチ史上最大点差の敗戦である。

このチームの監督に就任したら、どんなことになるのでしょうか。
気になりませんか?気になりますよね!?
ということで、後日、新シリーズとしてアメリカ領サモアの監督に就任してみたいと思います。

さて、オーストラリアマレーシアの代わりに南アフリカを加えた場合、選択できるのは以下。
countrylist3.jpg

DRコンゴ等、先ほどとは違う国が追加されています。
一方、5ヶ国のみのときはあったハンガリーが、なくなっています。
組合せによっては、選択できなくなる国もあるということでしょうか。

試しに50ヶ国全てのリーグを選択した場合は、以下の代表チームが選択できます。
countrylist4.jpg

選択できないと思っていたシンガポールや、香港も選択できるようになります。
残念ながら日本は出てきません。
どのリーグを選択するとどの国の代表チームが選択できるようになるのかは、やってみないと分かりません。
色々試してみると、面白そうです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。