FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

(68)Woodlands 2013年 8月

WoodlandsのSリーグの試合が再開。
他のチームとは試合消化が2~3試合遅れているが、首位は変わらず。


2013/ 8/ 3 Sリーグ 第18節 vs Sembawang SC(A)
11位のSembawang SCと対戦。
中盤に若手のFW/MFガザリーを起用。
2013wood_form_sl_18.jpg

27分、FWシャーリルが負傷退場。
40分に失点。優位に試合を進めていたものの先制を許す。
60分、MFナズリ・モハメッドのミドルシュートが決まって同点。
その後得点を奪うことは出来ず。1-1の引き分けに終わる。

2013/ 8/ 7 シンガポールカップ 準々決勝 第1試合 vs Guangyuan(A)
中国人チームのGuangyuanとの対戦。
GKカッシムを起用。
押し気味に試合を進めるが、得点を奪えず0-0で引き分け。

2013/ 8/14 シンガポールカップ 準々決勝 第2試合 vs Guangyuan(H)
ホームでの第2戦。観衆9588人。
ベテランFWパク・テオンを先発起用。
2013wood_form_scup_qfh.jpg

30分、ロングボールで相手ゴール前に抜け出したFWカスミールがゴールを決めて先制。
しかし60分に失点し、1-1の同点。
このままではアウェイゴールの差で敗れてしまうため、交代で左MFにウェイジアン・チャン、FWにスライマンを入れ、総攻撃を指示。
78分、FWスライマンが後方からのロングボールを相手ペナルティエリア内で受け、そのままゴールを決めてようやく勝ち越し。
残り時間を何とか守りきって、2-1で勝利。
シンガポールカップ準決勝に進出。

2013/ 8/15 Woodlandsから25人が代表召集
20130822news_daihyo.jpg


2013/ 8/17 Sリーグ 第19節 vs Geylang Utd(H)
11位のGeylang Utdと対戦。観衆9924人。
FWシャーク、FWカスミールの2トップ。
MFスライマンを中盤に起用。
15分、FWシャークが後方からのロングボールにうまくあわせて先制。
54分、FWカスミールが相手のバックパスを奪って独走。
シュートはGKが弾くが、跳ね返りをFWシャークが押し込んで追加点。
85分、相手DFが2枚目のイエローカードを受け退場。
その後、Woodlandsが波状攻撃を続けるが追加点は奪えず。
2-0で勝利。

MFナズリ・モハメッド(22)が試合中にひざのじん帯損傷で、1ヶ月から2ヶ月の戦力外

2013/ 8/21 シンガポールが中国に0-3で敗戦
シンガポールはワールドカップ予選3ラウンドで、グループ3位で終了。
この結果、グループAで3位のサウジアラビアとのプレーオフへ進むこととなった。

ワールドカップ2014 アジア予選3ラウンド グループB 最終結果
2013wqf_asia_ranking06.jpg


2013/ 8/23 Sリーグ 第20節 vs Sengkang(H)
6位のSengkangとの対戦。観衆9636人。
何度もWoodlandsが相手ゴール前に持ち込む場面があるが、得点を奪えず。
0-0の引き分けに終わる。

DFトーマス(22)が試合中にかかとの損傷で、5日から2週の戦力外

2013/ 8/25 Woodlands U18がU18リーグで優勝
20130825news_u18_win.jpg


2013/ 8/25 Woodlands リザーブがリザーブリーグで優勝
20130825news_res_win.jpg


2013/ 8/28 MFダーナラーヤ(28)が練習中に足の損傷で、1週から4週の戦力外

2013/ 8/28 Sリーグ 第21節 vs Singapore RC(H)
9位のSingapore RCと対戦。観衆9626人。
FWシャークと、FWカスミールの2トップ。
前半は攻めながらも得点が奪えず。
後半開始直後の46分、左MFウェイジアン・チャンのゴールで先制。
この1点を守りきって、1-0で勝利。

2013 Sリーグ 第21節終了
2013sl_ranking21.jpg


2013/ 8/31 シンガポールカップ 準決勝 第1試合 vs Tampines(H)
リーグ戦では7位のTampinesとの対戦。観衆は過去最高の10104人。
FWシャーリル(18)を先発起用。
10分、カウンターからFWシャーリルが相手ゴール前に抜け出し、シュートも決めて先制。
12分にもFWシャーリルがゴールで追加点。
41分には、FWカスミールのミドルシュートが決まって3-0。
後半に入って47分に1点を返されるが、50分にPKを獲得。右MFディクソンがこれを決めて4-1。
74分には、MFガンドルミーニが強烈なミドルシュートを決めて追加点。
5-1と大勝した。

Sリーグ 第18節~第21節、シンガポールカップ 準々決勝、準決勝 第1試合
2013wood_sc08.jpg


スポンサーサイト

PageTop

(67)Woodlands 2013年 7月 後半

隔年で行われる東南アジアクラブチャンピオンシップがマレーシアで開幕。
大会形式は前回までと同じ。
グループルステージは3チームづつ4グループに分かれ、各グループ1回戦総当りで2試合を行い、上位2チームが決勝トーナメント進出。
決勝トーナメントは合計8チームで行われ、3試合勝ち上がると優勝。

シンガポールからはWoodlandsが出場。3連覇を狙う。
FWカスミール、右MFディクソン、GKゴンザレスは、コンディションが万全ではないが試合に出られるまでには回復。


2013/ 7/17 東南アジアクラブチャンピオンシップ グループC 第1節 vs Khemara(A)
カンボジアのアマチュアKhemaraとの対戦。観衆1265人。
晴れ34℃という、厳しい気候の中での試合となった。
FWシャーク、FWロアーニの2トップ。
2013wood_form_sea_01.jpg

試合開始50秒、相手のオウンゴールで先制。
24分、左MFボーハン・サレーがCKから決めて追加点。
26分、FWロアーニのゴールで3点目。ロアーニはこれがトップチーム初得点。
68分、MFガンドルミーニの得点で、4-0として勝利。
他の2チームは既に試合を行い引き分けており、Woodlandsの決勝トーナメント進出が決定。

2013/ 7/19 東南アジアクラブチャンピオンシップ グループC 第2節 vs Terengganu(H)
地元マレーシアのTerengganuと対戦。観衆5309人。
FWカスミール、FWシャークの2トップ。
27分、FWカスミールが相手ディフェンスラインの裏に抜け出し、ゴールを決めて先制。
前半ロスタイム、CKからDFママドウが合わせて追加点。
70分、FWカスミールが2点目を決めて、3-0で勝利。

2013/ 7/22 東南アジアクラブチャンピオンシップ 準々決勝 vs MCTPC(A)
ラオスのセミプロMCTPCと対戦。観衆9825人。
FWシャーリルとFWロアーニの2トップ。
6分、左MFボーハン・サレーが相手ゴール左に持ち込みクロス。ファーサイドで右MFに入ったイシャークが合わせて先制。
44分、左SBジャムクアマールの自陣左サイドから相手ゴール前へのロングボールに、FWロアーニが合わせて追加点。
後半は得点無く終わったものの、2-0で勝利。

2013/ 7/27 東南アジアクラブチャンピオンシップ 準決勝 vs Persitara(A)
インドネシアのセミプロPersitaraと対戦。観衆8882人。
右MFディクソン、GKゴンザレスが先発に復帰。
2013wood_form_sea_sf.jpg

20分、相手のCKから失点。
その後得点が奪えず、後半総攻撃の指示を出すも効果が無く無得点で終了。
0-1で敗れ、敢え無く準決勝敗退。3連覇を逃した。

MFガンドルミーニ(26)は試合中にタイミングの遅いタックルを受けて胸部の打撲で、4日から2週の戦力外

2013/ 7/31 東南アジアクラブチャンピオンシップ 3位決定戦 vs Terengganu(H)
マレーシアTerengganuと対戦。観衆14276人。
MFスライマンが怪我から復帰し、控えに入る。
13分、右MFディクソンのクロスを、ニアサイドで受けたMFダーナラーヤが決めて先制。
MFダーナラーヤは今季初ゴール。
36分に失点し同点とされる。
その後得点が奪えず、延長でも決着がつかずPK戦へ。
PK戦は4-3で勝利。
東南アジアクラブチャンピオンシップは3位に終わった。
賞金200万を獲得。

FWロアーニ(17)が試合中に足首のねんざで、2週から1ヶ月の戦力外

東南アジアクラブチャンピオンシップ
2013wood_sc07.jpg


PageTop

(66)Woodlands 2013年 7月 前半

シンガポールSリーグは、33節中14節が終了。
Woodlandsは2位に勝ち点差9をつけ、首位を固めつつある。


2013/ 7/ 2 DFマルドナード(24)が練習中に手首の損傷で、6日から2週の戦力外

首位を行くWoodlandsだが、ここに来て故障者が続出。
現状で、FW/MFスライマン、右MFディクソン、MFイシャーク、MFウドアカ、GKゴンザレス、DFマルドナード、MFナズリ・モハメッド、FWハルタードが戦力外となっている。

選手が足りないため期限付き移籍から、U21代表にも選抜されているFW/MFガザリー(17)を呼び戻す。


2013/ 7/ 3 Sリーグ 第15節 vs Balestier(A)
3位のBalestierと対戦。
U19代表の若手GKイスカンダル・アリ(18)がリーグ戦初出場。
若手FWシャークと、FWカスミールの2トップで臨む。
2013wood_form_sl_15.jpg

15分、DFパンガービーンのバックパスがオウンゴールとなって先制を許す。
33分、右SBトーマスの相手ゴール前へのロングボールを、左MFウエイジアン・チャンが合わせて同点。
ウェイジアン・チャンはこれが今季初ゴール。
しかし、前半ロスタイムに失点して1-2で前半終了。
47分、FWカスミールのゴールで同点に追いつく。
62分、DFママドウのバックパスが再びオウンゴールとなり2-3。
74分には、右MFで起用したルサ・ハリムが2枚目のイエローカードを受け退場。
その後得点は奪えず、2-3で敗戦。完全な自滅。

2013/ 7/ 5 GKハシム(20)がリザーブでの試合中に足首のねんざで、2週から1ヶ月の戦力外
万全なGKがイスカンダル・アリ(18)一人になったため、GKカッシム(21)を期限付き移籍から呼び戻す。
昨年まで控えにいたベテランGKヤシンは、出場機会を求めて既に退団している。

2013/ 7/ 7 Sリーグ 第16節 vs Tampines(A)
8位のTampinesと対戦。
期限付き移籍から呼び戻したGKカッシム、FW/MFガザリーを先発起用。
選手が足りないため、左MFが本職のウェイジアン・チャンを、難ありの適正の右MFで起用。
17分、MFガザリーのパスを相手ペナルティエリア左斜めで受けたFWシャークが強烈なシュートを決めて先制。
28分、右MFウェイジアン・チャンのゴールで追加点。
ところが、29分、43分と連続失点で2-2の同点に追いつかれる。
84分にはFWカスミールが負傷退場。
これで引き分けかと思われたが、交代で入った若手FWシャーリルがロスタイムに相手ディフェンスラインをドリブルで突破してゴール。
3-2で勝利した。

FWカスミール(29)は試合中に激しいチェックを受けて腕の裂傷で、3日から1週間の戦力外

2013/ 7/ 9 GKカッシム(21)が練習中に手の骨折で1週から3週の戦力外
GKアビディン(20)を期限付き移籍から呼び戻す。

2013/ 7/12 GKアビディン(20)が練習中に足の損傷で、1週から4週の戦力外
期限付き移籍から呼び戻したが、試合に登録する間もなく故障。
この時点で、万全なGKはイスカンダル・アリのみ。

2013/ 7/12 Sリーグ 第17節 vs Home Utd(H)
11位と低迷中のHome Utdと対戦。
スタジアム拡張後の初のホームゲームで、観衆は過去最高の9806人。
主力FWは全員怪我で、2トップは若手のFWシャークと、FWシャーリル。
MFナズリ・モハメッドが怪我から復帰し中盤に入る。
GKも若手のイスカンダル・アリ。
控えGKには、止むを得ずまだ怪我の直りきっていないゴンザレスを入れる。
2013wood_form_sl_17.jpg

試合は0-0のまま時間が経過。
引き分けかと思われたロスタイム、左MFに交代で入ったボーハン・サレーのクロスが相手ゴールに入りゴール。
これが決勝点となり、1-0で勝利した。

2013 Sリーグ 第17節終了
2013sl_ranking17.jpg

Sリーグ 第15節~第17節
2013wood_sc06.jpg

ここでリーグ戦は一旦中断となる。

PageTop

(65)Woodlands 2013年 6月

Woodlandsはアジアチャンピオンリーグで敗退。
当面は国内の試合に専念することとなった。
リーグ戦では他のチームより2試合消化が少ない状態で、2位と勝ち点差1で首位となっている。


2013/ 6/ 1 Sリーグ 第11節 vs Geylang Utd(A)
11位のGeylang Utdとの対戦。
2013wood_form_sl_11.jpg

22分、DFパンガービーンのロングボールを前線で受けたFWカスミールが、そのまま相手ゴール前に抜け出しゴール。
24分、今度はDFマルドナードのロングボールで、FWカスミールが相手ゴール前に抜け出しゴール。
37分、相手陣内左サイド奥でFKを獲得。
左MFウェイジアン・チャンがゴール前に送った所を、角度の無い所からFWカスミールが押し込んで3点目。これでFWカスミールはハットトリックを達成。
前半ロスタイムに、更にFWカスミールがゴールを決めて4-0。
後半に入って61分に失点したものの、そのまま守りきって4-1で大勝。
FWカスミールが4得点と活躍した。

2013/ 6/ 1 Woodlandsから20人が代表召集
20130601news_daihyo.jpg

ワールドカップ予選3ラウンドは、いよいよ後半戦。
シンガポールが予選を突破できるかどうかは次の韓国、日本との試合の結果にかかっている。

2013/ 6/ 2 Woodlandsから3人が代表召集
20130602news_daihyo.jpg


2013/ 6/ 4 Sリーグ 第12節 vs SAFFC(H)
3位のSAFFCと対戦。観衆5833人。
9分、DFパンガービーンが前線に送ったボールが、相手ゴール前のFWハルタードに渡り、そのままゴールが決まって先制。
62分、FWハルタードが負傷退場となるが、そのまま1点を守りきって1-0で勝利。

FWハルタード(20)は試合中に足首の骨折で、2ヶ月から3ヶ月の戦力外

2013/ 6/ 7 シンガポールが韓国と引き分け
20130607news_sin_draw.jpg

ワールドカップ予選グループステージの第4節。
DFママドウが前半9分に退場となり、PKを奪われるも韓国がPKを失敗。
残り80分をなんとか守りきって0-0の引き分け。
これでグループ3位以上が決定し、最低でもプレーオフ進出となった。
しかし、次節DFママドウと、累積警告でMFイシャークが出場停止で日本戦を迎える。

2013/ 6/10 施設が改善
20130610news_kaizen.jpg

最高のトレーニング施設と、平均的なユース施設に改善された。
ユース施設は、まだ改善の余地がある。

2013/ 6/ 7 シンガポールが日本と引き分け
20130612news_sin_draw.jpg

ワールドカップ予選グループステージの第5節。
この試合もシンガポールが踏ん張り、0-0の引き分けに終わる。
残り1試合で、韓国が勝ち点11、日本とシンガポールが勝ち点差8で並ぶ。
シンガポールが日本との対戦結果で上回っているため、シンガポールが2位。

ワールドカップ2014 アジア予選3ラウンド 第5節終了
2013wqf_asia_ranking05.jpg

次は日本は韓国と、シンガポールは中国と対戦。
シンガポールが日本の試合以上の結果を出せば、初のワールドカップ出場が決まる。
グループステージ最終節が行われるのは8/21。


2013/ 6/15 Sリーグ 第13節 vs Gombak Utd(A)
5位のGombak Utdと対戦。
故障のFWハルタードに代わって、FWシャーリル(18)を起用。
11分、DFジョハリのバックパスがそのまま自陣ゴールに入って相手に先制を許す。
その後も一方的に攻められる展開。
終盤に総攻撃を指示するが、89分にカウンターから失点し万事休す。
0-2で今季リーグ戦で初の敗戦となった。

2013/ 6/21 Sリーグ 第14節 vs Young Lions(H)
2位のYoung Lionsとの対戦。観衆5624人。
FWには若手のシャーク(20)を起用。
2分、またもやDFジョハリのオウンゴールで先制を許す。
8分、CKから相手ゴール前にあげ、跳ね返えされたところを右サイドにいた左MFウェイジアン・チャンが拾ってゴール前へ。
これFWシャークが押し込んで先制。FWシャークはこれが今季初得点。
20分、FWカスミールが右サイドへ抜け出し、センタリングをゴール前に走りこんだFWシャークが合わせて2点目。これで逆転。
26分、バックパスを奪われ、そのままシュートされ失点。2-2の同点。
ここから38分、40分、42分とFWカスミールが連続ゴール。
後半に入って57分、MFガンドルミーニのゴールで追加点。
64分、FWカスミールがPKを決めて7点目。
77分、相手のオウンゴール、84分にFWカスミールがゴール。
この結果、9-2で大勝。
9得点はチーム最多得点記録。そして最多得点差勝利。
FWカスミールの5得点も、チーム最高記録。

MFイシャーク(29)は試合中に足の損傷で、1週から4週の戦力外

2013/ 6/23 GKゴンザレス(23)が練習中にそけい部の痛みで、2週から4週の戦力外

2013/ 6/25 MFナズリ・モハメッド(21)が練習中に頭部の打撲で、4日から2週の戦力外

2013/ 6/27 スタジアムの拡張工事が完了
20130627news_studiam.jpg

10125人収容となった。

2013/ 6/29 MFディクソン(29)が練習中に首の損傷で、1週から2週の戦力外
怪我が直り、もう直ぐ試合に復帰というところでまた怪我。

2013/ 6/30 Zicoが日本代表監督を辞任
20130630news_zico.jpg

アジアカップで優勝の日本は、アジア代表としてコンフェデレーションカップに出場。
しかし、グループステージ敗退と成績が振るわなかったのが監督の辞任に繋がった模様。

2013 Sリーグ 第14節終了
2013sl_ranking14.jpg

Sリーグ 第11節~第14節
2013wood_sc05.jpg


PageTop

(64)Woodlands 2013年 5月

リーグ戦では調子の出てきたWoodlandsだが、アジアチャンピオンリーグでは苦戦が続いている。
グループステージ首位の中国Hong Harbinとは勝ち点差3。残り2試合で、次は直接対決。
決勝トーナメント進出のためには、とにかく勝つしかない。


2013/ 5/ 8 アジアチャンピオンリーグ グループF 第5節 vs Hong Harbin(A)
中国Hong Harbinとの対戦。観衆14217人。
2013wood_form_acl_05.jpg

18分、31分とFWハルタードがゴールを上げる。
39分に失点し、2-1で前半終了。
49分、MFガンドルミーニのWoodlands初ゴールで3-1。
57分、FWカスミールのゴールで4-1とし、勝利をほぼ決定付けたかに思われた。
ところが59分、相手FWにディフェンスラインを突破されゴールを許す。
更に85分、86分と同じ選手に連続失点し同点とされる。
その後総攻撃を指示するも追加点は奪えず4-4の引き分けに終わった。
この結果、代わって首位に立ったMelbourne Victoryとの勝ち点差が4。
アジアチャンピオンリーグのグループステージ敗退が決定した。

2013/ 5/11 Sリーグ 第8節 vs Home Utd(A)
10位のHome Utdとの対戦。
攻めながらも得点が奪えないまま試合終了。
0-0の引き分け。

2013/ 5/18 シンガポールカップ 予選 vs SAFFC(H)
シンガポールカップがスタート。
前半は押し気味に進めていたが得点の無いまま終了。
49分、FWカスミールのスルーパスを受けたFWハルタードが、相手ゴール右にシュートを決めて先制。
このまま逃げ切れるかと思われたが、79分に失点し同点。
残り数分となった87分、MFガンドルミーニの中盤からのパスがゴール前のFWカスミールに通る。
FWカスミールがそこから冷静にシュートを決めて勝ち越しゴール。2-1で勝利。
シンガポールカップ準々決勝進出を決めた。

2013/ 5/22 アジアチャンピオンリーグ グループF 第6節 vs Persid(A)
インドネシアPersidとの対戦。観衆12143人。
29分、FWハルタードのゴールで先制。
前半ロスタイム、MFイシャークのゴールで追加点。
58分、FWカスミールがゴールで3-0として勝利。

2013 アジアチャンピオンリーグ グループF 最終成績
2013acl_ranking_f_06.jpg


2013/ 5/26 Sリーグ 第9節 vs Sengkang(A)
7位のSengkangとの対戦。
1分、右SBルサ・ハリムのロングボールを、ゴール前でMFガンドルミーニが合わせて先制。
前半ロスタイムに、FWハルタードのゴールで追加点。
後半は得点無く終了。
2-0で勝利。

2013/ 5/29 Sリーグ 第10節 vs Sembawang SC(H)
最下位のSembawang SCとの対戦。観衆5607人。
選手の疲労度を考え、ユースFWロアーニ(17)を先発起用。
2013wood_form_sl_10.jpg

6分、FWロアーニが負傷退場。交代でFWシャーリルを入れる。
16分、相手左サイド奥から左MFウェイジアン・チャンがクロス。
逆サイドで受けた右SBジョハリが、角度の無い所からゴールを決めて先制。
30分、FWハルタードのゴールで追加点。
後半に入って47分、MFスライマンが負傷退場。MFナズリ・モハメッドが交代で入る。
54分、67分とFWハルタードがゴールしハットトリック。
その後は相手に得点を許さず、4-0で勝利。

FWロアーニ(17)は試合中に頭部の裂傷で4日から2週の戦力外
FW/MFスライマン(24)は試合中にひざのじん帯損傷で、1ヶ月から2ヶ月の戦力外

スライマンの長期離脱はWoodlandsにとっても痛いが、ワールドカップ予選の試合を控えるシンガポール代表にとっても大きな痛手。

2013 Sリーグ 第10節終了
2013acl_ranking_f_06.jpg

Sリーグ 第8節~第10節、シンガポールカップ予選、
アジアチャンピオンリーグ 第5節~第6節

2013wood_sc04.jpg


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。