FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

(51)Woodlands 2011年 12月-2012年 2月

2011年シーズンが終わり、新たなシーズンに向けての動きが始まる。

2011/12/ 1 DFルサ・ハリム(25)を獲得
・D/WB/MR/ルサ・ハリム(25)/シンガポール
Young Lionsとの契約が切れたところでフリーで獲得。
シンガポール代表の右SB。右MFの適正も持つ。
チャンスがあれば前に出る、ライン沿いでプレイするのプレイスタイルを持つ。

2011/12/14 GKカッシム(19)がYoung Lionsに期限付き移籍
前シーズン途中にYoung Lionsから呼び戻したが、再び期限付き移籍することになった。

2012/ 1/ 1 Zicoがアジア最優秀監督
20120101news_kantoku_20080429111930.jpg

日本代表をアジアカップ優勝に導いた、Zicoがアジア最優秀監督を受賞。
ノレイ・ラモスは2位であった。

そして、ノレイ・ラモスWoodlands7年目、2012年シーズンがスタート。

2011年度は、収入4億、支出2億4000万。
収支が1億6000万のプラスで、資産がおよそ2億となった。

クラブ評価額は4000万増の2億1000万。
トレーニング施設は、優れたトレーニング施設に改善。
ユース施設は、まずまずのユース施設+ユースアカデミーで変わらず。
スタジアムの収容人数は6750人。
スカウトの派遣範囲が地域に拡大された。

メディア予想は1位。
理事会、サポーターともに大陸級の大会の出場権獲得を求めている。

今季の昇格チームはTessensohn Khalsa
2009年に昇格した際は、1勝も出来ずに降格していった。

シンガポール代表チームは、フル代表がワールドカップ予選、U23代表がオリンピック予選を戦うことになる。

ワールドカップ予選は2ラウンド(2次予選)が行われ、バーレーン、オマーン、レバノンとグループリーグを戦う。
1位になれば、最終予選に進むことが出来る。

2012/ 2/24 アジアチャンピオンリーグ組合せ発表
オーストラリアAdelaide United、中国Hong Harbin、韓国Suwonと同組。
出場賞金1000万を獲得。

2012/ 2/25 シンガポールタイトル予想発表
20120225news_yosoo.jpg

Woodlandsは優勝候補本命。

スポンサーサイト

PageTop

一時中断します

プレイ日記「インドで修行編」はシンガポールWoodlandsで2012年シーズンに突入というところなのですが、2012年シーズンは現在リアルでプレイ中です。
日記の方が追いついて来たので、一時中断させていただきます。
来週くらいには再開できる・・・かも。

サッカーシーズンが始まると、ゲームが出来る時間が減りますね。
サッカーを観に行かないといけないので。


PageTop

(50)Woodlands 2011年 11月

2011年シーズンも、残るはシンガポールカップ決勝。
Woodlandsは3連覇を狙う。


2011/11/25 Woodlandsがシンガポールカップ決勝に出場
20111125news_scup_f_20080422004301.jpg


2011/11/25 シンガポールカップ 決勝 vs Niigata Unicorn (Singapore)(N)
リーグでは9位のNiigata Unicorn (Singapore)との対戦。
開催地は何故か東京国立競技場で、中立開催だが事実上のアウェイ。観衆3525人。
DFマルドナード、MFスライマンが故障で欠場の他は、外国人選手も戻りベストに近いメンバー。
2011wood_form_scup_f.jpg

予想に反し、序盤から相手の猛攻が続く。
そして6分、相手FWにディフェンスラインを破られシュート。
1度はGKゴンザレスが弾くがこぼれ球を押し込まれて先制点を奪われる。
9分、相手ゴール右でFKを得ると、ゴール前に送ったボールをMFナズリ・モハメッドがシュート。
ゴール前の相手選手に当たって跳ね返った所をFWカスミールが押し込んで同点。
15分、右サイドを破られ、センタリングを押し込まれて失点。再び勝ち越しを許す。
29分、MFバレットが左サイドを突破し、センタリングをMFイシャークが合わせてゴール。
2-2の同点とする。
後半は無得点で、試合は延長へ。

延長でもなかなか点が決まらず、このままPK戦かと思われた延長後半14分、右サイドをMFディクソンが突破しクロスを上げる。
ゴール前でFWパク・テオン、FWアンドレッドと繋いで、FWアンドレッドがシュートを決めてゴール。
これが決勝点となり、3-2でWoodlandsが勝利。
シンガポールカップ優勝を決めた。

2011/11/25 Woodlandsがシンガポールカップ優勝
20111125news_scup_win.jpg

3連覇、そして2冠を達成。

20111125news_scup_win1.jpg

20111125news_scup_win2.jpg


シンガポールカップ 決勝
2011wood_sc09.jpg


これでWoodlandsの2011年シーズンが終了。
来季は国内のタイトル確保はもちろん、ACLで更に上の成績を狙う。


PageTop

(49)Woodlands 2011年 10月-11月

シンガポールSリーグは、Woodlandsが7試合を残して優勝を決定。
今後の目標は昨シーズンに続く無敗での優勝。
リーグ戦終了後には、シンガポールカップ決勝も待っている。


2011/10/ 7 Sリーグ 第27節 vs Balestier(A)
5位のBalestierとの対戦。観衆6413人。
攻めあぐねていたが、80分にDFマルドナードがゴール左斜め距離のあるところから30mシュートを決める先制。
これが決勝点となり1-0で勝利。

2011/10/12 Sリーグ 第28節 vs Sembawang SC(H)
12位のSembawang SCと対戦。観衆6407人。
中盤に若手MFアヌアラ(19)他、何人か控え選手を起用。
2011wood_form_sl_28.jpg

得点できないまま時間が経過。
68分、PKを獲得しFWアンドレッドがこれを決めて先制。
74分にもPKを獲得。FWアンドレッドが再び決めて2-0。
試合はそのまま2-0で勝利。

2011/10/14 DFジョハリ(27)が練習中にももの痛みで、1週から4週の戦力外

2011/10/19 Sリーグ 第29節 vs Geylang Utd(A)
8位のGeylang Utdと対戦。
右SBにカディア(19)が初出場。
39分、左MFのウェイジアン・チャンが負傷退場。
前半終了間際の45分に失点。
61分、交代出場のFWアンドレッドがゴール前にセンタリング。
相手選手がこれをカットするが、ボールは相手ゴール内に転がり同点ゴール。
その後、どちらも得点は奪えず。
試合は1-1の引き分けに終わった。

MFウェイジアン・チャン(26)は試合中に顎の骨折で、3週から1ヶ月の戦力外

2011/10/29 Sリーグ 第30節 vs Tampines(H)
5位のTampinesと対戦。観衆6651人。
17分、相手のオウンゴールで先制。
43分、DFママドウがFKを直接決めて追加点。
後半に入って54分、左MFに入ったバレットがゴールを決めて3点目。
88分には交代出場のFWラーカッドがゴールを決めて4-0で勝利。

2011/11/ 1 Sリーグ 第31節 vs SAFFC(A)
MFディクソンが怪我から復帰。右MFで先発出場。
17分、CKを獲得すると、ゴール前にあげたボールをMFスライマンが合わせて先制。
DFマルドナードが打撲で途中交代。
69分、DFママドウがFKを直接決めて追加点。
79分、交代出場のFWパク・テオンが、カスミールが右サイドに持ち込みクロスをあげたところを合わせて3点目。
試合は3-0で勝利。

DFマルドナード(23)は試合中に足首のねんざで2週から1ヶ月の戦力外

2011/11/ 6 Woodlandsから19人が代表召集
20111106news_daihyo.jpg


2011/11/ 7 Sリーグ 第32節 vs Young Lions(H)
10位のYoung Lionsとの対戦。観衆6263人。
マルドナードに代わっては、DFモイスを入れる。
9分、FWアンドレッドのゴールで先制。
13分、14分と、FWカスミールが連続得点で3-0。
後半に入って47分、FWアンドレッドのゴールで4点目。
76分、右SBカディフのゴール前へのクロスボールがそのままゴールに入って5点目。
85分、カスミールがハットトリックとなる3得点目をあげ6-0で試合終了。

2011/11/11 MFナズリ・モハメッド(20)がシンガポールU21の試合中に足の突き指で、5日から2週の戦力外

2011/11/12 MFウドアカ(28)が練習中に足首のねんざで、3週から2ヶ月の戦力外

2011/11/14 FWパク・テオンがシンガポールに代表召集
20111114news_daihyo.jpg

FWパク・テオンは今季の活躍が認められ、34才にして代表初召集。

残念ながらFWパク・テオンの試合出場はならず。

2011/11/22 Sリーグ 第33節 vs Gombak Utd(A)
最終節は3位のGombak Utdとの対戦。
ワールドカップ南米予選のため、外国人選手は全員欠場。
GKには若手のカッシム(19)が入る。
2011wood_form_sl_33.jpg

7分、MFスライマンが負傷退場。
14分、FWカスミールが中央をドリブル突破し、シュートも決めて先制。
58分、FWラーカッドのゴールで追加点。
77分、交代出場のMFナズリ・モハメッドがゴールを決めて3-0として勝利。
これで、2年連続無敗でのリーグ優勝を達成。
優勝賞金650万を獲得。

MFスライマン(23)は試合中にタイミングの遅いタックルを受けて足の裂傷で、1週から3週の戦力外

2011 Sリーグ 最終成績
2011sl_ranking33.jpg

今期の順位変動

2011/11/23 ノレイ・ラモスがシンガポール最優秀監督賞を受賞
20111123news_kantoku.jpg

2011/11/23 FWアンドレッド(21)がシンガポール最優秀選手を受賞
20111123news_bestplayer.jpg

2011/11/23 FW/MFスライマン(23)がシンガポール最優秀若手選手を受賞
20111123news_bestlk.jpg


Sリーグ 第27節~第33節
2011wood_sc08.jpg


PageTop

(48)Woodlands 2011年 9月

シンガポールSリーグは33節中22節が終了。
首位Woodlandsは、残り11試合で2位との勝ち点差を16として独走状態。


2011/ 9/ 3 シンガポールカップ 準決勝 第1試合 vs Tampines(A)
アウェイでの第1戦。
外国人選手が代表召集で欠場。GKにハシムを起用。
2011wood_form_scup_sfa.jpg

11分、相手にFKを直接決められて先制を許す。
14分、CKからMFダーナラーヤが合わせて同点。ダーナラーヤは今季初ゴール。
24分、失点。
その後得点を奪えず、1-2で国内チーム相手には久しぶりの敗戦。

2011/ 9/ 5 DFハムクアマール(25)が練習中にそけい筋分裂で、4週から3ヶ月の戦力外

2011/ 9/10 Woodlandsから4人がU23代表に召集
20110910news_daihyo.jpg

オリンピック予選のための代表召集。

2011/ 9/10 Sリーグ 第23節 vs Niigata Unicorn (Singapore)(A)
11位と低迷するNiigata Unicorn (Singapore)との対戦。
外国人選手が復帰。GKにはカッシムを起用。
6分、ゴール正面やや距離のあるところで右SBのDFジョハリ(28)がパスを受け、強烈なシュートを決めて先制。
DFジョハリは、これがリーグ戦初ゴール。
32分、カスミール、37分アンドレッドがゴール。
後半にも53分にバレットがゴールをあげて、相手には全くチャンスを作らせず4-0で勝利。

2011/ 9/17 Woodlandsから4人がU23代表に召集

2011/ 9/18 Sリーグ 第24節 vs Home Utd(H)
4位のHome Utdと対戦。観衆6345人。
何も出来ないまま90分終了。0-0の引き分け。

2011/ 9/19 Woodlandsリザーブがリザーブリーグで優勝
20110919news_res_win.jpg


2011/ 9/21 シンガポールがオリンピック最終予選に進出
2011sin_u23_sc01.jpg

マレーシアとホーム&アウェイで対戦し同点。PK戦の末に勝利。

2011/ 9/21 Sリーグ 第25節 vs Sengkang(A)
6位のSengkangと対戦。
29分、DFジョハリが、ディフェンスラインからから前線へロングボール。
これ合わせてFWアンドレッドが抜け出し、シュートを決めてで先制。
40分に失点し同点とされる。
45分、相手ディフェンスラインの裏に抜け出したFWカスミールのゴールで勝ち越し。
83分、交代で出場していたMFバレットが負傷退場。
89分、サイドに突破されると、クロスボールを合わされ失点。
終了間際の失点で、2-2の引き分けに終わった。

FW/MFバレット(20)は試合中にひざの故障で、1週から4週の戦力外

2011/ 9/24 シンガポールカップ 準決勝 第2試合 vs Tampines(H)
第1戦は1-2で敗れているが、1-0で勝てばアウェイゴールの差で勝ち抜きとなる試合。
観衆は過去最高の6728人。
GKゴンザレスが怪我から復帰し、先発出場。
13分、相手ゴール左でFKを得ると、DFママドウがペナルティエリア内へ低いボールを蹴る。
これをゴール正面で受けた右MFイシャークがシュートを決めて先制。
MFイシャークはこれがWoodlandsでの初得点。
53分、GKゴンザレスがペナルティエリアの外まで飛び出してクリアするが、クリアボールを拾われ無人のゴールに流し込まれて失点。
2戦合計で再びリードを許す。
76分、交代出場のFWパク・テオンのシュートを相手GKが弾いた所を、MFダーナラーヤが拾ってゴールを決めて2-1。
これで2戦合計3-3で全くの五分。
そして80分、FWパク・テオンがドリブルでDFを抜いて相手ゴール前に抜け出し、そのままゴールを決めて3-1。
その後を守りきり、3-1で試合終了。
2戦合計4-3で勝利し、苦しみながらも決勝進出を決めた。

2011/ 9/28 Sリーグ 第26節 vs Singapore RC(A)
11位のSingapore RCとの対戦。
DFママドウ、MFウェイジアン・チャンが累積警告で出場停止。
連戦を考慮し、怪我から復帰のFWラーカッドを先発起用。
2011wood_form_sl_26.jpg

前半は再三のチャンスがあるが決められず0-0。
65分、MFナズリ・モハメッドが25mロングシュートを決めて先制。
その後は何とか守りきって1-0で勝利。

2011 Sリーグ 第26節終了
2011sl_ranking26.jpg


Woodlandsの首位独走が続く。
残り7試合で2位との勝ち点差が20。次の試合で優勝決定もありうる。


2011/ 9/30 WoodlandsがSリーグで優勝
20110930news_sl_win.jpg

2位のGombak Utdが敗れたため、戦わずして優勝が決定。

20110930news_sl_win1.jpg

20110930news_sl_win2.jpg


Sリーグ 第23節~第26節、シンガポールカップ 準決勝
2011wood_sc07.jpg


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。