FC2ブログ

FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

(最終回)エピローグ

Kリーグのその後

2007年も暮れようとしていたある日、世界のサッカー情報を集めていたノレイ・ラモスは、韓国Kリーグである変化が起こっていることに気が付いた。

2006年Kリーグルール
2006k_rule

2007年Kリーグルール
2007k_rule

2007年になって、降格のルールが加わっている。
ノレイ・ラモスが韓国を去った後、新たに昇降格制度が整備されていた。
2007年のKリーグ昇格チームはSuwon City。K2リーグ降格チームはDaegu FCであった。

これで、かつて指揮したKookmin Bankにも上を目指す道が開かれた訳である。
これを知り、ノレイ・ラモスは思った。
「いつか韓国に戻って世界を目指すのも悪くはないな」

ノレイ・ラモスの冒険は続く。

(完)

あとがき

今回は全リーグ選択という無謀な企画で、当初は最初のインドネシアで終了の予定でした。
しかし、試しに続けてみた所、なんとかここまでは進めることが出来ました。
以前30ヶ国60リーグ程度の選択で試してみたことがあるのですが、ゲームの進行速度としては今回とあまり変わらなかった印象です。
一定以上選択リーグを増やしても、処理の重さはあまり変わらないようです。
3年目に入ると急激に重くなるのも同様でした。

監督しては、僅か1年半という期間で5ヶ国の5チームを回ることが出来ました。
個人的には色々な国のリーグを体験出来て非常に楽しかったです。
また、残留できたら長期契約というミッションもなかなか面白かったですね。
2回とも失敗しましたが…。

一つの国にいる期間が短く、各国リーグの紹介が中途半端だったかもしれないという反省点も残りました。
実際にやってみると、各国リーグで少しづつ雰囲気が違います。
それが、少しでも伝わっていれば幸いです。

それでは、また次回シリーズでお会いしましょう。

スポンサーサイト



PageTop