FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北欧放浪編(68)::Krokom 2021年 8月-9月

シーズン当初は降格候補であったKrokomだが、20節を終えて首位に立っている。
残り6節、この調子を維持できるか。

2021/ 8/26 FWクリスチャンソン(17)が練習中に頭部の裂傷で、4日から2週の戦力外

2021/ 8/28 MFサンドクビスト(28)を放出
契約継続の予定が無く、出場機会も失っていたため20万で第1ディビジョンのLingskileに放出。

新規選手獲得
2021/ 8/30 ST/クロンルンド(18)/フィンランド/[能力値]
フィンランドのセミプロKooTeePeeから、次回の移籍金の20%で獲得。
FWクリスチャンソンを超えるかもしれない逸材。

2021/ 9/ 1 MFノルドストレイム(24)が練習中にそけい部の痛みで、2週から4週の戦力外
ここに来て怪我人が続出。

2021/ 9/11 Krokomリザーブが、リザーブリーググループ2で優勝
20210911news_res_win


フォーメーション
2021krokom_form_l20


2021/ 9/13 スウェーデンプレミアディビジョン 第21節 vs Djurgården(A)
7位のDjurgårdenとアウェイで対戦。
FWクリスチャンソンが故障のため、新加入FWクロンルンドを早速先発で起用。
DMヘルベルク、ダームが復帰。まだ万全の状態ではないが出場させる。
試合の方は、圧倒的に攻められながらも、何とか守りきって0-0の引き分け。

2021/ 9/19 スウェーデンプレミアディビジョン 第22節 vs GIAS(H)
GIASとの対戦。観衆1753人。
FWクリスチャンソンが復帰し、1トップに入る。
9分に失点すると、何も出来ないまま時間が過ぎる。
後半途中から交代でFWクロンルンド、FW/MFグスタフを投入し、総攻撃を指示。
すると60分、FWクロンルンドがKrokomでの初ゴールを決め同点。
残り時間は一進一退の攻防となったが得点は生まれず1-1の引き分けとなった。
2位以下のチームも勝ちを逃しており、未だ首位をキープ。

2021/ 9/25 MFノルドストレイム(24)がリザーブでの試合中に肋骨の骨折で、3週から2ヶ月の戦力外
怪我から復帰し、調整のためのリザーブの試合で大怪我。
ノルドストレイムが抜けてから攻撃の形が出来ておらず、非常に痛い。

2021/ 9/26 スウェーデンプレミアディビジョン 第23節 vs Elfsborg(A)
5戦連続勝ち無しで12位となっているElfsborgとの対戦。
テスト的にMFダームをトップ下に起用してみる。
ところが試合開始5分、そのダームが相手選手に肘うちでレッドカード。
10人となり前半は激しく攻められる展開が続くが、なんとか無失点で終える。
後半開始直後、今度は相手チームの選手が危険なプレーで退場。
10人対10人となるが、激しく攻められる展開は変わらず。
残り数分になってようやくチャンスが何度かあるが得点は奪えず。
試合は0-0の引き分けに終わった。
首位は変わらず。

スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第21節~第23節
2021krokom_sc4a


2021 スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第23節終了
2021swpre_ranking23


残り3試合で2位のチームとは勝ち点差3。
このまま逃げ切ることが出来るか。

スポンサーサイト

PageTop

北欧放浪編(67)::Krokom 2021年 6月-8月

2019年にプレミアディビジョンに昇格した際は、僅か4勝しかできず降格。
2度目の昇格を果たした今回は、リーグ半分を終えた時点で既に9勝。しかも首位。
ここまでは以前の経験が十分に生かされていると言える。

順調に見えるKrokomだが、ここで再びMFボルツが移籍を要求。
今回は残留を拒否し、不満状態となった。
他にも主力各選手に国内外から次々にオファーが来ており、選手の動揺が心配される。

2021/ 6/25 FWクリスチャンソン(17)がプロに
20210625news_crispro

17歳を迎え、事前契約に基づき週給11Kでプロ契約。
しかし既に評価額は1億1000万。[能力値]

2021/ 7/ 2 MFビルタ(19)が練習中に首の損傷で、5日から2週の戦力外

2021/ 7/ 7 スウェーデンカップ 4回戦 vs Fässberg(A)
第1ディビジョン北のFässbergとの対戦。観衆2028人。
相手は多数の怪我人を抱えており、リーグ戦でも12位と苦戦している。
試合は、開始30秒でこの日FWで先発のグスタフがゴール。
2分にはPKを獲得。FW/MFアンダーソンがこれを決めて2-0。
更に24分、41分とグスタフがゴールを決めて、ハットトリックを達成。
後半も左MFマグヌションがKrokom初ゴールを決めた他、相手のオウンゴールで得点を重ね、7-0と大勝した。
これで準々決勝進出。

2021/ 7/ 9 MFホルムストレムが練習中に胸部の打撲で、4日から2週の戦力外

2021/ 7/11 スウェーデンプレミアディビジョン 第14節 vs IFK Göteborg(H)
5位のIFK Göteborgと対戦。観衆1736人。
一進一退の攻防が続くが前半は両チーム無得点。
後半に入って74分、ついにFWクリスチャンソンのゴールでKrokomが先制。
しかし82分に失点し同点。
その後は得点が奪えず1-1の引き分けに終わった。

2021/ 7/18 スウェーデンプレミアディビジョン 第15節 vs Hammarby(A)
7位のHammarbyとの対戦。
34分にクリスチャンソンのゴールで先制。
しかし、68分にゴールを奪われ同点とされる。
残り時間は一進一退の攻防だったが得点は奪えず1-1の引き分け。
まだ首位をキープしている。

2021/ 7/25 スウェーデンプレミアディビジョン 第16節 vs AIK(A)
5位のAIKとの対戦。
左MFホルムストレムが復帰。
攻めながらもなかなか得点が奪えなかったが、80分にようやくMFノルドストレイムがゴール。
しかし、ロスタイムに失点して1-1の引き分け。
またしてもリードを守りきれず。

2021/ 7/27 MFビルタ(19)が移籍
第1ディビジョンHelsingborgから2億1000万と、次回の移籍金から30%でオファー。
これを理事会会長が独断で承認したため放出となった。

2021/ 8/ 1 スウェーデンプレミアディビジョン 第17節 vs Landskrona(A)
最下位のLandskronaとの対戦。
70分、交代出場のFWギューイがPKを獲得。これをノルドストレイムが決めて先制。
この得点を守りきって1-0でKrokomが勝利。

フォーメーション
2021krokom_form_swcup5


2021/ 8/ 5 スウェーデンカップ 準々決勝 vs FC Trollhättan(A)
第1ディビジョン6位のFC Trollhättanとの対戦。観衆1692人。
右SBに新加入のセバスチャン、CBに16歳のガナーを起用。
21分、左MFマグヌションが巧みなドリブルで相手ペナルティエリアに切り込みそのままゴール。Krokomが先制。
32分にはカウンターからFW/MFグスタフが抜け出しそうになった所を相手DFがファールで止めて退場。相手チームは10人となる。
40分、PKを獲得。FW/MFアンダーソンがこれを決めて2-0。
しかし44分右MFダニエルソンが負傷退場、45分にはDMヘルベルクが負傷退場となる。
後半もKrokomの一方的なペースだったが、右MFに入ったダームが打撲で途中交代。
多くの怪我人を出したが、2-0で勝利し準決勝進出。

MFダニエルソン(22)は試合中にタイミングの遅いタックルを受けて、足のしびれで2日から1週の戦力外
DMヘルベルク(26)は試合中にひざの軟骨損傷で、3週から1ヶ月の戦力外


新規選手獲得
2021/ 8/ 6 ST/アイナール(17)/アイスランド/[能力値]
アイスランドのセミプロKAから、次回の移籍金の20%で獲得。
スカウトのからは、将来プレミアディビジョンで優秀なストライカーになるとの報告。

2021/ 8/ 8 スウェーデンプレミアディビジョン 第18節 vs Malmö FF(H)
4位のMalmö FFとの対戦。観衆1758人。
負傷のダニエルソンに代わって、右MFにはゼーカを起用。
16分のクリスチャンソンがゴール。
この1点を守りきって1-0で勝利。

新規選手獲得
2021/ 8/11 D/WBR/シンドレ(17)/ノルウェー/[能力値]
ノルウェー下位リーグのSogndalから20万で獲得。
セバスチャンより数段優れた潜在能力を持つという報告。
アシスタントマネージャーは、いくらお金を出しても契約するべきと言っていた。

2021/ 8/11 DFゲイルション(19)が練習中に背中の痛みで、3週から1ヶ月の戦力外
2021/ 8/11 MFダーム(23)が風邪のため3日から1週の戦力外


ダニエルソンが右MFに復帰。
ヘルベルク、ダームの負傷により、守備的MFにはゼーカを起用。
ゲイルションに代わってCBにガナー、右SBにはセバスチャンと大きく先発メンバーを変更。

2021/ 8/15 スウェーデンプレミアディビジョン 第19節 vs GIF Sundsvall(A)
9位のGIF Sundsvallと対戦。
2分にいきなり失点。しかし20分にPKを得ると、ノルドストレイムがこれを決めて同点。
前半ロスタイムにはCKからFWクリスチャンソンが決めて2-1と勝ち越しに成功。
後半に入って49分にもCKからクリスチャンソンが決めて追加点。
78分に失点するが、残り時間を守りきって3-2で勝利。

2021/ 8/11 MFダーム(23)がリザーブでの試合中にひじの損傷で、1週から3週の戦力外

2021/ 8/22 スウェーデンプレミアディビジョン 第20節 vs Gefle(H)
14位と低迷しているGefleとの対戦。観衆1739人。
前半は圧倒的に攻めながらも、相手GKの好セーブ等で得点できず。
52分に相手にワンチャンスを決められて失点すると、その後は何も出来ず試合終了。
0-1で敗戦となった。

スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第14節~第20節、スウェーデンカップ4回戦、準々決勝
2021krokom_sc3


2021 スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第20節終了
2021swpre_ranking20

最下位チーム相手に思わぬ敗戦を喫してしまったが、20節を終えても首位をキープ。
これは予想を遥かに超える素晴らしい成績。

リーグはこれから約3週の中断となる。

PageTop

北欧放浪編(66)::Krokom 2021年 5月-6月

2012/ 5/12 DFペルション(22)が練習中にすねの打撲で4日から2週の戦力外

2021/ 5/15 スウェーデンプレミアディビジョン 第8節 vs GAIS(A)
3連敗で11位のGAISとの対戦。
8分、FWクリスチャンソンのゴールが決まって先制。
18分にはMFノルドストレイムがゴール正面ペナルティエリアの外から強烈なシュートを決めて追加点。
その後はGAISの攻撃を凌いで、2-0で勝利。

2021/ 5/19 スウェーデンカップ 3回戦 vs Jönköping Södra(H)
第1ディビジョンのJönköping Södraとの対戦。観衆389人。
序盤は優勢に試合を進めるが、得点は奪えず終了。
後半50分、FWギューイが相手ゴール前でのこぼれ球を押し込んで先制。
その後もKrokomペースで試合を進め、追加点は無かったものの無失点で終了。
1-0で勝利し、4回戦進出を決めた。

2021/ 5/20 ボルツが移籍を希望
DFゲイルション、MFダームに続いて、MFボルツまで移籍を希望し始めた。
しかし残留を呼びかけた所、ボルツはこれを受け入れた。
20210521news_borutu2


2021/ 5/23 スウェーデンプレミアディビジョン 第9節 vs Djurgården(H)
6位のDjurgårdenと対戦。観衆1742人。
2分に失点すると、前半終了間際にも40分、45分と連続して失点。
後半に入ってFWクリスチャンソンのゴールで1点を返すが、85分に失点し1-4とされる。
それでも88分に交代出場のグスタフ、90分にクリスチャンソンが2点目をあげ後1点まで追い上げるがそこまで。
3-4で敗戦となった。
開幕からの無敗が8試合でストップ。

2021/ 5/26 スウェーデンプレミアディビジョン 第10節 vs Elfsborg(H)
7位のElfsborgとの対戦。観衆1757人。
6分、MFホルムストレムのFKが直接決まって先制。
36分にはMFボルツが追加点で2-0で勝利。
首位に浮上。

2021/ 5/31 クリスチャンソン(16)がアイスランド代表に召集
16歳で代表候補に選抜。出場はならず。

2021/ 6/ 5 スウェーデンプレミアディビジョン 第11節 vs Norrköping(A)
3位のNorrköpingとの対戦。左SBのノーディンが復帰。
30分、MFノルドストレイムが負傷退場。アンダーソンが交代で出場。
その後互角の展開ながら得点の無いまま後半を迎える。
62分に失点し先制を許すが、66分に右MFダニエルソンのゴールで同点。
74分には交代出場のFWギューイが得点をあげて逆転。
85分交代で左MFにはいったマグヌションが負傷退場。交代枠を使い切っていたために10人となる。
しかし試合はそのまま2-1で終わり、Krokomが逆転勝利。

MFマグヌション(21)は試合中の接触事故による足のしびれで、2日から1週の戦力外
MFノルドストレイムの怪我は問題無かった。

新規選手獲得
2021/ 6/ 9 DRC/セバスチャン(21)/フィンランド/[能力値]
ボスマン移籍。フィンランドのMIFKとの契約が切れたところで加入。
スカウトからはプレミアディビジョンで優秀な右SBになれる潜在能力をもつという報告。

2021/ 6/11 DFホークション(20)が練習中にそけい部の痛みで、2週から4週の戦力外

2021/ 6/13 スウェーデンプレミアディビジョン 第12節 vs Halmstad(H)
11位のHalmstadとの対戦。観衆1741人。
互角の展開が続くが、53分、相手GKがバックパスの処理を誤りボールを後ろにそらす。
そこに走りこんだFWクリスチャンソンがボールをゴールに押し込んでKrokomが先制。
75分に失点し同点に追いつかれるが、87分、途中交代のFWギューイが得点。
2-1で勝利を収め、首位をキープ。

2021/ 6/20 スウェーデンプレミアディビジョン 第13節 vs Örgryte(A)
Örgryteとアウェイで対戦。
前半は押し気味に進めるが得点無く終了。
後半に入って77分、途中出場のアンダーソンが先制ゴール。
ロスタイムにはセットプレイからDFファルグレンが決めて2-0の勝利。

リーグ前半が終了。
ここまで首位は、予想を遥かに上回る成績。
このまま最後まで行けるのだろうか。

スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第8節~第13節、スウェーデンカップ3回戦
2021krokom_sc2


2021 スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第13節終了
2021swpre_ranking13

PageTop

北欧放浪編(65)::Krokom 2021年 4月-5月

2023/ 4/ 1 MFダームが移籍を要求
20210401news_damu2

シーズン開幕を前に、ダームがより大きなクラブへの移籍を認めるよう要求。
この後も、各選手からこのような要求が相次ぐ。
簡単に要求に応じるわけにも行かず、選手達が不満を抱えたままシーズンが始まる。

シーズン開幕

フォーメーション
2021krokom_form1

昨シーズンから4-5-1を継続。

2021/ 4/11 スウェーデンプレミアディビジョン 第1節 vs AIK(A)
2度目のプレミアディビジョンの開幕戦は、メディア予想5位のAIKとアウェイで対戦。観衆21781人。
出場停止のDMヘルベルクに代わってゼーカが入る。
GKに新加入のラトバーネン、1トップにはチーム最年少出場記録となる16歳のFWクリスチャンソンを起用。
互角の展開で0-0のまま時間が過ぎる。
このまま引き分けかと思われた89分、新加入の右SBホークションが敵陣内へ。
こぼれ玉を拾うと、右斜めから25mのシュートを決めてKrokom先制。
ロスタイム4分を守りきって、開幕戦は1-0で勝利。

2021/ 4/14 スウェーデンプレミアディビジョン 第2節 vs IFK Goteborg(A)
2戦目もアウェイ。相手は昨年優勝のIFK Goteborg。今季も優勝候補でメディア予想1位。
前半はKrokomが圧倒。再三相手ゴールに迫るもIFK GoteborgのGKの好セーブに阻まれて得点なら無い。
後半に入って58分、相手選手が2枚目のイエローカードで退場。
krokomが優位になるかと思われたが、全くチャンスを作れなくなりそのまま試合終了。
0-0の引き分けに終わった。

2021/ 4/18 スウェーデンプレミアディビジョン 第3節 vs Hammarby(H)
ホーム開幕戦。メディア予想7位のHammarbyとの対戦。観衆1754人。
相手の攻撃が続くが、非常に堅い守備を見せ攻撃を跳ね返し続ける。
そして74分、FWギューイが先制ゴール。
残り時間も無失点で凌いで1-0で勝利。

3試合終わって2勝1分の勝ち点7は3位。首位とは勝ち点で並んでいる。
Krokomはここまで無失点。

2021 スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第3節終了
2021swpre_ranking03


2021/ 4/21 スウェーデンカップ 2回戦 vs Brage(A)
第1ディビジョン北のBrageとの対戦。観衆2121人。
11分、MFボルツのゴール正面30mからのうなりをあげる強烈なシュートが決まって先制。
33分にFWグスタフ、41分にはアンダーソンがゴールを決めて3-0で前半終了。
後半には87分、交代で入ったFWクリスチャンソンがFKを直接決めて追加点。
試合はそのまま終わり4-0で勝利。3回戦進出を決めた。

2021/ 4/25 スウェーデンプレミアディビジョン 第4節 vs Landskrona(H)メディア予想3位のLandskronaとの対戦。観衆1739人。
13分、右MFダニエルソンがCKからシュートを決めて先制。
その後も追加点は無かったもののKrokomペースで試合が進み、無失点で試合終了。
1-0で勝利し、2位に浮上。

2021/ 4/28 DFホークション(19)が練習中に鼻骨骨折で、5日から2週の戦力外
2021/ 4/28 DFノーディン(26)が練習中にふくらはぎの故障で、2週から4週の戦力外

好調のディンフェン陣に続けざまに故障者が発生。
左右のSBが負傷で、左SBには左MFで起用しているホルムストレム、右SBには昨年までレギュラーだったストランドを起用する。

2021/ 5/ 2 スウェーデンプレミアディビジョン 第5節 vs Malmö FF(A)
4位のMalmö FFとの対戦。観衆25072人。
互角の展開だったが、30分相手ゴール前で攻防から一気にカウンターで持ち込まれ、GKとの1対1を決められて失点。
後半途中からホルムストレムを左SBから左MFに上げ、左SBにペルションを入れる。
すると77分、ホルムストレムが左サイドを突破。センタリングをFWクリスチャンソンが決めて1-1の同点とする。
クリスチャンソンはこれが初ゴール。
試合はその後も左サイドからのチャンスが何度かあるが決められず、1-1の引き分けに終わった。

2021/ 5/ 5 スウェーデンプレミアディビジョン 第6節 vs GIF Sundsvall(A)
13位のGIF Sundsvallとの対戦。観衆1760人。
前半は押し気味に試合を進め、33分MFノルドストレイムがFWギューイとのワンツーでゴール前に抜け出し、そのままゴールを決めて先制。
後半はやや押され気味の展開になるが守りきって1-0で勝利。
これで首位に浮上。

2021/ 5/ 9 スウェーデンプレミアディビジョン 第7節 vs Gefle(A)
8位のGefleと対戦。
序盤からピンチの連続。
9分にゴールを決められたかに見えたが、ファールの判定でノーゴール。
30分にはDMダームが負傷退場。控えに守備的MFがいないため、右MFでの起用が多いダニエルソンと交代。
その後もGefleの攻撃が続くが、ポストに救われる等して何とか無失点で終了。
0-0の引き分けに終わった。

MFダームは試合中に足首のねんざで3週から2ヶ月の戦力外

7節を終了、無敗をキープ。
この後、Norrkopingが勝って得失点差で首位。Krokomが2位となる。

スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第1節~第7節、スウェーデンカップ2回戦
2021krokom_sc1


2021 スウェーデンリーグプレミアディビジョン 第7節終了
2021swpre_ranking07

PageTop

北欧放浪編(64)::Krokom 2020年11月-2021年3月

ノレイ・ラモスのKrokom15年目のシーズン。
2度目のスウェーデンプレミアディビジョンへの挑戦が始まる。

クラブ評価額は2億7000万、スタジアムの収容人数は1766人。
トレーニング施設はかなり簡易的、ユース施設は最低限。
資産は1億1400万に対し、移籍資金が1億800万用意された。
賃金合計の上限は週給550万まで増やされた。現在は280万。
昇格したにも関わらず、賃金の25%アップは発生しなかった。

試しにスタジアムの拡張を要求してみるが、資金不足としてあっさり却下される。

プレシーズン

2020/11/ 8 FWステインドルション(20)にオファー
ノルウェープレミアディビジョンのStartが、移籍金1億7000万と次回の移籍金の30%を提示。
これを理事会が独断で承諾。
更にノルウェープレミアディビジョンのVikingHonefossOdd Grenlandからも同じ条件でオファー。

2020/11/16 ステインドルションはStartへ
20201117news_stain

今シーズンはFWステインドルションを攻撃の核として考えていたがいきなり放出することになった。
ただ、怪我がちだったので移籍は正解かもしれない。

2020/12/ 1 DFアクセルソン(33)を自由契約に
ノレイ・ラモスがKrokom就任時に在籍していた最後の現役選手を放出。
他に、A・ラーソンとの契約も終了。

新規獲得選手
2020/12/15 DC/コローネン(17)/フィンランド/[能力値]
加速度が4というのが気になるが、まだ17歳で成長が期待できる。
スカウトの報告ではボルツを超える潜在能力を持ち、大きな試合を好むということで獲得を決定。
2021/ 1/ 5 ST/フッツ(16)/フィンランド/[能力値]
フィンランドのアマチュアチームJIPPOから、次回の移籍金の20%で獲得。ユース契約。
スカウトからは将来プレミアディビジョンで一流ストライカーになれるという報告。
2021/ 1/19 DR/ホークション(19)/アイスランド/
アイスランドのセミプロValurから、次回の移籍金の20%で獲得。
将来プレミアディビジョンの優秀な右SBになるというスカウトの報告
2021/ 2/21 GK/ラトバーネン(18)/フィンランド/[能力値]
この年齢で1対1 15、飛び出し17。
スカウトの報告では、大きな試合を好み、将来プレミアディビジョンで優秀なGKになれる潜在能力を持つとのこと。

2020/12/27 MFアントン(26)がLandskronaに移籍
出場機会を失っており、300万で放出を決定。

成長著しい左MFホルムストレム(19)[能力値]が北欧の各チームの注目を浴びている
評価額は既に5000万に達しており、億単位でオファーが来れば理事会が放出を決めてしまう可能性もある。
20210101ホルムストレムk

同様にDFゲイルション(18)[能力値]も注目度が高い。
評価額は4000万。
20210101ゲイルションk


2021/ 1/17 傘下クラブを調査するも発見できず
20210117news_sanka

理事会に傘下クラブを持つことを提案。
これが受け入れられ調査を行うものの、適切なクラブが発見できなかった

2021/ 1/26 FWヨバノビッチの移籍によりKrokomが4000万を受け取る
FWヨバノビッチが、Västra Frölundaから1億6000万でRanders FCに移籍
その25%の4000万がKrokomのものに。

2021/ 2/27 DMヘルベルク3試合の出場停止
親善試合で暴力行為で退場になったため。

新規選手獲得
2021/ 3/28 DC/ガナー(16)/アイスランド/[能力値]
アイスランドのセミプロFramから、次の移籍金の20%で獲得。ユース契約。
スカウトからは、将来プレミアディビジョンの一流CBになる潜在能力があるという報告。

DFゲイルション(18)、MFダーム(23)が、もっと大きいラブにいきたいと不満を持ち始めた。
もちろん手放す訳にはいかないが、チームに影響する可能性もある。

2021/ 3/30 タイトル予想発表
20210330news_yosoo

今シーズンは、とにかくプレミアディビジョン残留が目標である。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。