FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

FM2008デモ版の配布スタート

FM2008フットボールマネージャー2008)のデモ版がダウンロード可能になっています。
ファイルサイズは、11ヶ国選択可能なストロベリーバージョンが523MB。
2ヶ国のみのバニラバージョンが103MBです。

ダウンロードはこちら

スポンサーサイト

PageTop

ノルウェー

ノルウェーのサッカー

スウェーデンの北に位置するノルウェーのFM世界のサッカー情報です。
今の所、ノルウェーのチームではプレイしていませんが、分かる範囲で。
(2007/ 9/29更新)

ノルウェーリーグ

ノルウェープレミアディビジョン
14チーム所属。2回戦総当りで各チーム26試合を行う。
下位2チームが降格。12位のチームは入れ替え戦に進む。

ノルウェー第1ディビジョン
16チーム所属。2回戦総当りで各チーム30試合を行う。
上位2チームが昇格。3位のチームは上位リーグとの入れ替え戦に進む。
下位4チームが降格。

各ディビジョン共通
レギュラーシーズンは4月から11月まで。
出場可能なEU圏外選手は2名。
控えは7人まで登録可能。交代は3名まで。

ノルウェーカップ

1回戦からトーナメント形式で、7回戦が決勝。
各ラウンドは、対戦するどちらかのホーム1試合で決着をつける。

ロイヤルリーグ

スウェーデン参照

その他

実際のノルウェーのトップリーグの名称はエリテセリエン
ローゼンボリ(Rosenborg BK)が1992年から2004年まで13連覇を果たす等、1強の状態。

PageTop

北欧放浪編(40)::Krokom 2016年 7月-12月

2016年シーズンも半分を終え8位。Krokomは何とか上位を狙える位置を維持している。
チームで一致団結し、昇格の可能性がある3位以内を目指そうというところだったが、それを揺るがすニュースが続く。

2016/ 7/12 DFボエルクストレイムにオファー
プレミアディビジョンのVästra Frölundaから提示された移籍金は4950万と、次回移籍時の20%。
ぺターソンに続き、理事会が独断でこれを承諾。
彼はディフェンスの中心であり、いなくなればチームが崩壊してしまう可能性もある。
賃金20%割り増しでこちらからも契約延長のオファーを出した。

2016/ 7/13 DFぺターソン移籍に同意
20160713news_peterso


2016/ 7/16 DFボエルクストレイム移籍に同意
20160716news_doui

引きとめは成らず。2人とも即日移籍となった。

この結果、ついにKrokomの財務は黒字に転換。移籍資金も4500万になった。
しかし、代わりとなる選手を探すがKrokomに興味を示す有望な選手は皆無。
払った人的損失が大きすぎる。
尚、2人とも移籍金は頭金1200万、1300万の他は、24ヶ月の分割払いとなっている。

フォーメーション
2016krokom_form3

DFアクセルソンが復帰。
右SBにはゼーカが入る。

2016/ 7/18 スウェーデンリーグ Div.1 第16節 vs Enköpings SK(A)
8連敗で15位と低迷しているEnköpings SKと対戦。
前半相手にほとんどチャンスを揺るさず、37分にA・ラーソンのゴールで先制。
ところが、後半に入って58分、70分と失点。こちらの攻撃は精彩を欠き、そのまま1-2で敗戦。
負けてはならないところで負けてしまった。
7位に後退。

2016/ 7/24 スウェーデンリーグ Div.1 第17節 vs Örebro(H)
Enköpings SKに代わって15位に落ちたÖrebroとの対戦。観衆541人。
GKエジュピが今季初先発
FWグスタフが32分、37分と連続ゴール。
後半も相手に得点を許さず、終了間際にFWセデレクビストが久しぶりのゴールを決めて3-0で勝利。
4位に浮上。

2016/ 7/26 FWグスタフが練習中に手首の損傷で、6日から2週の戦力外
2016/ 7/27 GKエジュピが練習中に肩の損傷で、1週から1ヶ月の戦力外

GKエジュピは復帰して即怪我。

2016/ 7/31 DMヘグベルクとサイン、今季終了後Krokomへ移籍で同意
選手リストを探してもめぼしい選手がいないため、下部リーグの選手を調査。
すると、なかなか良い能力を持ちながら契約を更新していない選手を発見。
スカウトに調査させると、第1ディビジョンで主役となりうるとのこと。
早速契約を結んだ。

2016/ 7/31 スウェーデンリーグ Div.1 第18節 vs IFK Malmö(H)
7位のIFK Malmöとの対戦。7位といっても4位のKrokomと勝ち点差は1しか違わない。
GKにはトーマを起用。観衆530人。
54分に失点すると、その後は全く何も出来ず0-1の敗戦。
7位に後退。

2016/ 8/ 3 スウェーデンカップ 準々決勝 vs AIK(H)
プレミアディビジョン4位のAIKとの対戦。観衆1647人。
普通に考えれば太刀打ちできない相手だが、ホームゲームに詰め掛けた満員のサポーターが選手を後押しする。
AIKが優勢に試合を進め、33分にゴールを許す。
しかし、35分にFWセデレクビストがゴール。同点に追いつく。
57分にも失点しリードを奪われるが、72分に右MFで出場のグレゴーソンが今季初ゴールで再び同点とする。
試合は2-2で延長でも決着が付かずPK戦へ。
この試合のGKはデニス。
4回戦の再現を狙うが、Krokomは1人しか決められずPK1-2で敗れた。
スウェーデンカップは準々決勝敗退。

左SBノーディンや、左MFハグランドへの調査が次々に入る。
当然無視するが、高額の提示をされるのではないかと心配が続く。

GKには引き続きデニスを先発起用。

2016/ 8/ 7 スウェーデンリーグ Div.1 第19節 vs Brommapojkarna(A)
怪我人を多数抱える11位のBrommapojkarnaとの対戦。
ここは勝ちたいところだが、18分、29分と失点し苦しい展開。
しかし34分、MFグルダがPKを決めて1点差。更に後半に入って48分、相手のオウンゴールで同点。
55分、FWセデレクビストが逆転ゴール。
83分にもMFグルダが2点目となるゴールを決め、4-2で勝利した。
これで5位に浮上。

2016/ 8/14 スウェーデンリーグ Div.1 第20節 vs Västerås SK(H)
9位のVästerås SKとの対戦。
前半は危ない場面が続くものの良く凌ぎ、43分A・ラーソンが先制点をあげる。
後半に入ると46分、48分と立て続けに失点し逆転を許す。
54分FW A・ラーソンのゴールで同点。
その後は一進一退の攻防も得点無く、2-2の引き分け。
7位に後退。3位のチームとは勝ち点差2。

新規獲得選手
2016/ 8/14 ST/アルベック(19)/スウェーデン/[能力値]
プレミアディビジョンのAIKから期限付き移籍で獲得。
下位リーグのチームを探したが良いFWがみつからなかったので、上位リーグのユースを調査した所なかなか良い選手を発見。
期限付き移籍を申し込んだ所、話がまとまった。

2016/ 8/21 スウェーデンリーグ Div.1 第21節 vs FC Trollhättan(H)
5位のFC Trollhättanとの対戦。観衆460人。
上位を争う相手であり、なんとか勝ちたい所。
早速FWアルベックを先発起用。
また、このところ失点が多いので、CBに難ありながら適正のあるA・ラーソンを入れてみる。
しかし、2分で失点。FWアルベックは何度もチャンスに絡むが得点には至らない。
後半に入り、75分交代で入ったFWセデレクビストがゴール。
なんとか1-1の引き分けで終わった。
上位に引き離されるかと思ったが、上位も混戦で6位に浮上。
3位チームとの勝ち点差は2のまま。

2016 スウェーデンリーグ第1ディビジョン 第21節終了
2016swd1_ranking21


左SBのノーディンの疲労がたまっているという報告を受け、ノーディンに休養を与える
A・ラーソンを今度は左SBに起用。

2016/ 8/27 アメリカで行われていたオリンピックで、ブラジルが優勝し3連覇

2016/ 8/28 スウェーデンリーグ Div.1 第22節 vs Ljungskile(A)
7位のLjungskileとの対戦。
10分に失点するが、55分FWアルベックのKrokomでの初ゴールで同点。
しかし62分に再び失点すると、追いつくことが出来ず1-2の敗戦。
8位に後退。3位との勝ち点差も5に開いた。

スウェーデンリーグ第1ディビジョン 第16節~第22節、及びスウェーデンカップ準々決勝
2016krokom_sc3


2016/ 8/31 krokomはノレイ・ラモスに新契約をオファー
20160831news_offer

週給70Kから80Kに。もちろん承諾。

2016/ 9/ 4 スウェーデンリーグ Div.1 第23節 vs Landskrona(H)
3位のLandskronaとの対戦。これ以上は負けられない。観衆465人。
GKにトーマを起用。
序盤からKrokomの攻勢が続き、FWアルベックが何度もGKと1対1になるが決められない。
38分、ついにアルベックがゴールを決めて1-0
後半もKrokomのペースで進み、57分にグレゴーソンが追加点。
相手にはゴールを許さず2-0で勝利した。
これで5位に浮上。3位との勝ち点差も2と縮めた。

2016/ 9/11 スウェーデンリーグ Div.1 第24節 vs Östersunds FK(A)
12位のÖstersunds FKとの対戦。
22分、35分に失点。
前半終了間際の45分にゼーカがFKを直接決めて1点差とする。
しかし、追加点は奪えず1-2で敗戦。
6位に後退。
DMフェリックスが負傷退場。
DFフェンストレイムが累積警告で次節出場停止。

DMフェリックスは試合中にひざじん帯損傷で、2週から1ヶ月の戦力外

2016/ 9/18 スウェーデンリーグ Div.1 第25節 vs Öster(H)
2位のÖsterとの対戦。観衆531人。
25分FWグスタフが先制ゴール。直後に相手にゴールを決められたかに見えたがオフサイド。
75分にも失点したかに思えたがオフサイドの判定。
88分、ノーディンのFKをFWセデレクビストが合わせてゴール。
2-0で勝利。

2016/ 9/25 スウェーデンリーグ Div.1 第26節 vs Limhamn(H)
15位のLimhamnとの対戦。観衆509人
GKエジュピが復帰。
90分間何も出来ず0-0で終了。非常に痛い引き分け。
6位は変わらないものの、3位との勝ち点差が4に。

2016/10/ 1 スウェーデンリーグ Div.1 第27節 vs GIF Sundsvall(A)
3位のGIF Sundsvallとの対戦。
相手は多数の負傷者を抱えており、とくにGKはユース選手が出場せざる終えないような状況。
なんとしても勝たなければならない。
13分に失点、15分にセデレクビストのゴールで追いつくものの、後半73分に失点。
ロスタイム3トップにして総攻撃。FWメッテバイーノが決めて2-2とするがそこまで。
残り3試合で3位チームと勝ち点差4と非常に厳しくなった。

2016/10/ 2 Krokomリザーブが、リザーブリーググループ1で優勝
20161002news_reswin

2016/10/ 2 ハグランドが練習中に胸のけがで、1週から4週の戦力外

2016/10/ 9 スウェーデンリーグ Div.1 第28節 vs Gefle(A)
首位のGefleとの対戦。勝てばまだ可能性が残る。
5分にFWセデレクビストのゴールで先制するが、10分に失点し1-1。
そのまま時間が進み、Krokomは指示を攻撃的にシフトするが、88分に失点。
前節同様3トップにして総攻撃をしかけるが、カウンターで更に失点。
1-3で敗戦。
これで残り2試合で3位との勝ち点差が7となり、3位以内もなくなった。

2016/10/16 スウェーデンリーグ Div.1 第29節 vs Halmstad(H)
ホーム今季最終戦。11位のHalmstadと対戦。観衆542人。
43分にPKを取られるが、GKデニスがこれをブロック。
49分にセデレクビストのゴールで先制するが、60分に同点ゴールを許す。
試合はそのまま1-1の引き分け。

2016/10/23 スウェーデンリーグ Div.1 第30節 vs Örebro(A)
最終節は16位と低迷するÖrebroとの対戦。
27分にFWグスタフのゴールで先制。
そのまま1-0で終わるかと思われた92分に失点、1-1の引き分けに終わった。

スウェーデンリーグ第1ディビジョン 第23節~第30節
2016krokom_sc4


2016 スウェーデンリーグ第1ディビジョン 最終成績
2016swd1_ranking


今季の順位変動
2016swd1_krokom


最終順位は7位で終了。
とにかく、DFボエルクストレイムを失ったのが痛かった。
8月以降失点が非常に多くなっており、影響は明らか。
まれに見る混戦で、上位に食い込むチャンスがあっただけに非常に残念。

2016/11/ 6 Krokom U-18がU-18グループ1で優勝
20161107news_u18win


今季の平均入場者数は632人。
収入は1億5400万、支出は1億900万。年間の収支は4500万のプラスとなった。
これにより、累積赤字が一掃され、資産が1300万となった。

財務状況グラフ
20161107krokom_zaim_graph

※横のメモリは月/20XX年

PageTop

北欧放浪編(39)::Krokom 2016年 4月-7月

リーグ開幕

新規獲得選手
2016/ 4/ 4 GK/デニス(19)/スウェーデン/[能力値]
GKエジュピが負傷で、GKがまた2人になったので獲得。
反応14、1対1 10だが、全体的にはリドマンの方が上かもしれない。

フォーメーション
2016krokom_form1

基本的には昨シーズン終盤と変わらず。
左MFには負傷のハグランドに代わってメッテイバーノを入れ、GKには調子の良さそうなリドマンを起用してみた。

2016/ 4/17 スウェーデンリーグ Div.1 第1節 vs IFK Malmö(A)
開幕戦はアウェイで、メディア予想9位のIFK Malmöと対戦。
19分オウンゴールで失点すると、29分PKを取られて追加点。最悪の展開。
後半にも2失点で0-4の大敗。

2016/ 4/20 スウェーデンカップ 2回戦 vs Kristianstad(A)
第2ディビジョンのKristianstadと対戦。観衆1411人。
前の試合GKリドマンで失敗したので、GKにトーマを起用する。
そしてFWでA・ラーソンが初先発。そのA・ラーソンが14分、51分と2得点。
54分、78分にはゼーカの2ゴール。88分にはDMフェリックスがゴールし、5-0の快勝。

2016/ 4/24 スウェーデンリーグ Div.1 第2節 vs Enköpings SK(H)
ホーム開幕戦。観衆660人。
GKにはそのままトーマを起用することにした。
先発のFW A・ラーソンが10分で負傷。前半のみで交代。
チャンスが何度もありながら決められず時間が過ぎていったが、63分ついにDMフェリックスがシュートを決めて先制。
そのまま守りきって1-0で勝利。

2016/ 4/27 スウェーデンリーグ Div.1 第3節 vs Lindome(A)
前半は苦戦したが、67分に後半等途中に交代で入ったFWイーガーがゴール。
89分にPKで追加点。
2-0で勝利。3試合終わって5位。

2016/ 5/ 1 スウェーデンリーグ Div.1 第4節 vs Brommapojkarna(H)
多数の怪我人を抱え、現在15位のBrommapojkarnaとの対戦。観衆614人。
怪我から回復した左MFロフグレンを先発で起用。
なかなか相手の守備を崩せず得点を奪えなかったが、60分左SBノーディンがFKを直接決めて先制。
78分にMFグルダが追加点。
85分に失点するが、その後守りきって2-1の勝利。

FWグスタフが試合中に首の損傷で、5日から2週の戦力外

2016/ 5/ 8 スウェーデンリーグ Div.1 第5節 vs Västerås SK(H)
7位のVästerås SKとの対戦。観衆736人。
怪我から回復した左MFハグランドを先発で起用。
52分に失点するが、80分FWセデレクビストのゴールで何とか同点。
1-1の引き分けに終わった。

2016/ 5/11 スウェーデンリーグ Div.1 第6節 vs FC Trollhättan(A)
6位のFC Trollhättanとの対戦。
29分に先制点を奪われるが、59分にFWメッテイバーノのゴールで同点。
その後は危ない場面が何度もあるが、何とか凌いで引き分けに終わった。

2016/ 5/15 スウェーデンリーグ Div.1 第7節 vs Ljungskile(H)
3位のLjungskileとの対戦。観衆
19分、DMFフェリックスのゴールで先制。
40分、先制点をあげたDMフェリックスが負傷退場。グルダをAMCからDMCに移し、AMCにメッテイバーノを入れる。
そして80分、DFノーディンがFKを直接決めて追加点。
2-0で勝利し、3位に浮上。

DMフェリックスが試合中にももの打撲で、4日から2週の戦力外

2016/ 5/18 スウェーデンカップ 3回戦 vs Trellebrog(A)
プレミアディビジョンのTrellebrogとの対戦。観衆540人。
3分に失点すると、その後も攻められ続ける。
力の差は歴然かと思われたが、新加入FW A・ラーソンが42分にゴールで同点。
更に52分にもA・ラーソンがゴールで2-1と逆転。
72分に追いつかれるが、A・ラーソンが78分にハットトリックとなる3点目をあげる。
これを守りきって、3-2で勝利。4回戦に進出。

2016/ 5/22 スウェーデンリーグ Div.1 第8節 vs Landskrona(A)
7位のLandskronaとの対戦。
前半何度もチャンスがあるが、先発のFWセデレクビストが決めきれず。
後半からA・ラーソンを投入、85分ついに先制ゴール。
89分に同点に追いつかれるが、ロスタイムにFWメッテイバーノが勝ち越しゴールを上げて、2-1の勝利。
2位に浮上。

DFアクセルソンが試合中に胸部の打撲で、4日から2週の戦力外

20160524news_muhai


2016 スウェーデンリーグ第1ディビジョン 第1節~第8節、及びスウェーデンカップ2、3回戦
2016krokom_sc1


2016/ 5/26 オズメンが練習中に頬骨の骨折で、3週から1ヶ月の戦力外

2016/ 5/29 スウェーデンリーグ Div.1 第9節 vs Östersunds FK(H)
11位のÖstersunds FKとの対戦。観衆789人。
シーズンを怪我で出遅れたFWグレゴーソンが復帰。右MFで出場。
前半は動きの無いまま終わったが、後半に入ってA・ラーソンが48分、71分と2ゴール。
DFボエクストレイムのゴールもあり3-0で勝利。

2016/ 5/29 スウェーデンリーグ Div.1 第10節 vs Limhamn(A)
15位のLimhamnとの対戦。
DFアクセルソン、DMFフェリックスが復帰
36分、FWグスタフの今シーズン初ゴールで先制。
しかし、直後の37分に失点し同点。前半終了間際にも失点し1-2とされる。
59分、PKをMFグルダが決めて同点に追いつくが、追加点は奪えず2-2。
下位チーム相手に痛い引き分け。

2016/ 6/12 スウェーデンリーグ Div.1 第11節 vs GIF Sundsvall(H)
5位のGIF Sundsvallとの対戦。観衆868人。
0-0のスコアレスドローに終わり、4位に後退。
GKトーマが負傷退場。交代でGKデニスがリーグ戦デビュー。

GKトーマが試合中に胸部の打撲で、4日から2週間の戦力外

GKエジュピは怪我から回復しているものの万全ではなく、次の試合は19歳のGKデニスを先発で起用することを決断。

2016/ 6/19 スウェーデンリーグ Div.1 第12節 vs Öster(A)
3位のÖsterとの対戦。かつての親クラブとの対戦。
前半はÖsterの攻撃を良く守り、カウンターでチャンスを作る展開で、両チーム無得点で終了。
後半も同じペースだったが、80分についに失点。0-1の敗戦となった。

2016/ 6/21 DFアクセルソンがウイルス感染で2週から3週の戦力外

2016/ 6/26 スウェーデンリーグ Div.1 第13節 vs Gefle(H)
首位のGefleとの対戦だったが、観衆は期待はずれの601人。
GKトーマが復帰。
33分にFKから失点すると、後は何も出来ず0-1の敗戦。
6位に後退。

左MFハグランドが試合中に胸部の打撲で4日から2週の戦力外

大事な上位チームとの連戦でほとんど何も出来ず連敗。
チームの士気は最低。
一旦主力メンバーをリザーブに落としてアマチュアチームとの親善試合を行い、調整しなおした。
これで士気は回復したものの、厳しい状況は変わらない。
ただ、まだ3位とは勝ち点差が1しかはなれておらず、諦めるにはまだ早い。

2016/ 7/ 3 スウェーデンリーグ Div.1 第14節 vs Halmstad(A)
13位のHalmstadとの対戦。
押され気味の展開だったが無失点。
しかし、得点も奪えず0-0の引き分けに終わる。
これで5試合勝ちなし。
7位に後退。

20160703news_katezu


2016/ 7/ 3 ブルガリアが欧州チャンピオンシップで優勝

2016/ 7/ 6 スウェーデンカップ 4回戦 vs Hammrby(H)
プレミアディビジョン7位のHammrbyと対戦。
上位カテゴリーのチームだが、怪我人を多数抱えている。観衆はホームゲーム過去最小の178人。
20分に失点し0-1。その後、何も出来ず時間が過ぎる。
このまま終了かと思われた89分、A・ラーソンが決めて1-1の同点。試合は延長へ。
延長21分、GKトーマが負傷退場。既に3人の交代枠を使い切っており、絶体絶命。
ここでDMのフェリックスをGKに指名。フィールドプレイヤーは9人に。
それでも何とか守りきって試合はPK戦へ。
PK戦ではKrokomが5人全員成功。そして急造GKのフェリックスが相手の5人目を止めてPK5-4で勝利を収めた。
奇跡的な試合で、準々決勝進出。

2016/ 7/ 8 DFぺターソンにオファー
同一リーグで戦うGefleから、移籍金5000万と、次回移籍時の20%でオファー。
将来有望な選手であり移籍させるつもりは無かったが、理事会が独断でこれを受けてしまった。

2016/ 7/10 スウェーデンリーグ Div.1 第15節 vs Lindome(H)
4位のLindomeとの対戦。観衆478人。
64分にMFグルダがゴール。これを守りきって1-0の勝利。
4位に浮上。

2016 スウェーデンリーグ第1ディビジョン 第9節~第15節、及びスウェーデンカップ4回戦
2016krokom_sc2


2016 スウェーデンリーグ第1ディビジョン 第15節終了
2016swd1_ranking15


前半15節を終了。
3位から10位までが勝ち点差4の間にあり、今後の調子次第で上にも下にも行く状況。
この状況で、DFぺターソンに続いて更なるオファーが来る。

PageTop

北欧放浪編(38)::Krokom 2016年 1月-3月

ノレイ・ラモスのKrokom10年目のシーズン。
スウェーデンリーグ第1ディビジョンで、5年目のシーズンとなる。

クラブ評価額は3000万、スタジアムの収容人数は1766人。
トレーニング施設はかなり簡易的、ユース施設は最低限。
負債は3200万で、移籍資金は24500円。
理事会の要求は中位の順位である。

プレシーズン

新規獲得選手
2015/11/15 AM/FC/グスタフ(20)/スウェーデン/[能力値]
期限付き移籍から、完全移籍で獲得。
レンタルの契約期間が終わる前に完全移籍の交渉をした所、話がまとまった。
2015/12/ 1 DL/ST/A・ラーソン(27)/スウェーデン/[能力値]
スピードがあり、左SBとFWをこなすイーガーと同タイプの選手。肩書きはDF。
中盤から後ろの他のポジションも、ある程度の適正を持っている。
スピードはイーガーのほうが勝るが、決定力12、マーキング14はイーガーを上回る。
2016/ 1/ 4 GK/リドマン(23)/スウェーデン/[能力値]
反応13、1対1 8でやや頼りないが、GKがエジュピ、トーマの2人しかいないので獲得。

2016/ 1/ 2 MFグルダにオファー
あるときはトップ下、あるときはボランチとして活躍のMFグルダに、ノルウェーDiv.1(2部相当)の Bryneから5000万でオファー。
承諾すれば赤字が解消できるが、戦力的なダメージが大きい。悩んだ末、1億で返答。
これに対する再オファーが、何故か2100万と下がっていたので拒否。
グルダならチームの勝利に貢献し、もっと大きな利益をクラブにもたらしてくれるだろう。

2016/ 1/ 5 左MFハグランドが練習中に腰のけがで、2ヶ月から3ヶ月の戦力外
2016/ 3/ 9 FWグレゴーソンが練習中にひざのじん帯損傷で、1ヶ月から2ヶ月の戦力外


2016/ 3/15 GKエジュピが練習中に椎間板ヘルニアで、2ヶ月から3ヶ月の戦力外

2016/ 3/21 DF/MFラーソンを放出
昨シーズンはMFグルダやMFアントンの加入で出場機会が大幅に減少。
Div.1南のVäsbyからオファーがあったため、100万で移籍に同意。
移籍資金が45万となった。

2016/ 3/23 左MFハグランドが試合中にふくらはぎの故障で、2週から4週の戦力外
怪我から復帰した練習試合で、途中出場から10分で負傷退場。

2016/ 3/29 昇格予想発表
20160329news_yosoo

掛け率8-1は過去最高の評価。頑張り次第では昇格もありえるとのこと。

FWグレゴーソン、左MFハグランド、GKエジュピら、主力メンバーを負傷で欠いた状態で開幕を迎えることとなった。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。