FM2012日記::ノレイ・ラモスの冒険

サッカー監督シミュレーションゲーム「Football Manager 2012」のプレイ日記です。 フットボールマネージャーシリーズ全般の話題も扱う予定。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

北欧放浪編(最終回)::エピローグ

ノレイ・ラモスのKrokom22年目のシーズン。
スウェーデンプレミアディビジョン8年目。
かつて移籍資金が全く用意できなかったクラブは、100億もの移籍資金を用意できるまでに変貌している。

そして欧州チャンピオンズカップでは、初めて決勝トーナメントに挑もうとしていた。
トーナメント2ラウンド(1回戦)の相手はイングランドMan Utd

2028/ 2/22 欧州チャンピオンズカップ 2ラウンド 第1戦 vs Man Utd(A)
イングランドMan Utdとの対戦。観衆74755。
4-4-2を採用。FWマグヌーソン、FWアニックの2トップ。
相手は怪我や代表召集で多数の選手が出場できなかったにも関わらず、何も出来ないまま3失点。
アウェイでの第1戦は0-3と完敗に終わった。

まだKrokomが欧州の上位クラブと対等に戦うのは無理なのだろうか。
ノレイ・ラモスは、そこに大きな壁があることを感じていた。

フォーメーション
2027krokom_form_ecc_r2h

第2戦ではCBに新加入プオティニエミ(18)[能力値]を起用。

2028/ 3/ 7 欧州チャンピオンズカップ 2ラウンド 第2戦 vs Man Utd(H)
Man Utdをホームに迎えての第2戦。観衆5668人。
第1戦で3点を奪われ非常に厳しい状況ではあったが、とにかく全力で戦うしかない。
ところが5分にいきなり失点。これで勝つには5点が必要な状況となった。
プレス最強で攻撃優先を指示する。すると、ここからKrokomが驚くべき反撃を見せる。
9分、FWフェジェルモのゴール。
39分、右MF田村がゴール。
前半終了間際の45分にFWフェジェルモが再びゴール。前半を3-1で終える。
後半に入って47分、MFノーランダーがゴールで4点目。
ついに2試合合計4-4まで追いついた。
何が起こったのかわからないが、あと1点取れば逆転できる。
その後総攻撃を指示するが、これ以上の得点は奪えなかった。
この試合は4-1で勝利したものの、2試合合計4-4。
アウェイゴールの差で決勝トーナメント2ラウンド敗退となった。

「なんだ、壁はそれほど高くないじゃないか」
ノレイ・ラモスは試合後、そうつぶやいたそうである。

そして、ノレイ・ラモスの冒険は続く。

(完)

あとがき

これにて北欧放浪編を終了とさせていただきます。
長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。

当初は、弱小チームで次々に首になって、北欧の各国リーグを転々とする予定でした。
ところが予想外にKrokomで成功してしまい、20年に渡ってチームを率いることになりました。
2028年までゲームを進めたのは過去最長です。

終盤は主力選手が次々に移籍を要求してきて非常に辛かったです。
選手の入れ替わりが激しくなり、チームを維持していくのが大変でした。

トップリーグにさえあがってしまえば、どこの国でも大差ないのではないかと思っていたのですが、スウェーデンリーグは優勝しても賞金がなく、テレビ中継もありません。
順位賞金や、テレビ放映権料で数十億の収入があるイングランドとは比べ物になりません。
これは国別ランキングが上昇しても変わりませんでした。

将来のFMでは、テレビ放送が増加しテレビ放映権料が増えたり、リーグからの分配金が増えたりといった、リーグそのものが成長するシステムが追加されることを期待したいですね。

プレイ日記を書くのはこれが初めてでしたが、うまく伝わったでしょうか。
出来るだけ現状の状態の表記を多くしたり、画像を多く掲載するようにしてみました。
もっと、こういう情報があったほうが良いというのがあれば、コメントをいただければと思います。

それでは、また次回シリーズでお会いしましょう。

ノレイ・ラモス戦績(2028/ 3/ 8現在)
20280308ramos_mach

Krokom在籍期間 7544日

スポンサーサイト

PageTop

北欧放浪編(123)::ここまでのまとめIII

ここまでのまとめ
ここまでのまとめII

ここまでの流れ

2021年、2度目のスウェーデンプレミアディビジョン昇格で優勝。
スウェーデンカップは準優勝に終わる。
以降、プレミアディビジョンに定着


2022年、ロイヤルリーグに初出場。結果は準々決勝敗退。
国内リーグ戦は5位、スウェーデンカップは3度目の準優勝。
欧州チャンピオンズカップに初出場。結果はグループステージ敗退。


2023年、スタジアムの拡張がスタート。2766人収容となる。
国内リーグは2度目の優勝。
スウェーデンの国別ランキング上昇を目標に追加。


2024年、ロイヤルリーグ初優勝。
国内リーグは3位、スウェーデンカップは4度目の準優勝。
欧州チャンピオンズカップに出場するが第3予選で敗退。
EUROカップに回り、決勝トーナメント進出。


2025年、EUROカップ初出場は、決勝トーナメント第2ラウンドでの敗退。
ロイヤルリーグは優勝で2連覇。
国内リーグは3位、スウェーデンカップは5度めの挑戦でついに優勝。


2026年、EUROカップは再び決勝トーナメントまで進出し、第2ラウンドでの敗退。
ロイヤルリーグは優勝で3連覇。
国内リーグ優勝。スウェーデンカップは準優勝。
3回目のEUROカップ出場はグループステージ敗退。


2027年、ロイヤルリーグは準優勝で4連覇ならず。
国内リーグ準優勝。スウェーデンカップ2回目の優勝。
欧州チャンピオンズカップで決勝トーナメント進出。


俺達の戦いはこれからだ!

現状
20280308krokom_info

2028年3月で、クラブ評価額が15億。

財務状況
20280308krokom_zaim

2028年3月で、資産がおよそ100億。

賃金推移
20280308krokom_kyuyo

2025年辺りから賃金がほとんど増えていないのは、若手のうちに安く契約し、契約更新前に移籍しているためと思われます。

移籍した選手のその後

・D/AML/ホルムストレム(26)/フィンランド/[能力値]
2019年3月にKrokomに入団。Krokomでは欠かせない左MFとして活躍。
2022年1月にスウェーデンAIKに移籍。
その後はスペインBetis、イタリアCesenaと移籍し、2025年7月に現在のイングランドCharltonに移籍。
フィンランド代表として27試合に出場。現在の評価額は15億円。

・ST/クリスチャンソン(23)/アイスランド/[能力値]
2020年1月にKrokomユースに入団。2021年以降はトップチームの主力FWとして活躍。
2025年1月に11億でイングランドLiverpoolに移籍。
その後はイタリアのチームに期限付き移籍を繰り返していたが、2027年に選手交換でイタリアLazioに完全移籍。
アイスランド代表として21試合に出場。現在の評価額は35.5億円。

・ST/クロンルンド(24)/フィンランド/[能力値]
2021年にKrokomに入団。Krokomでクリスチャンソンと共に主力FWとして活躍。
2023年8月に10億でギリシャのOlympiakosに移籍。
Olympiakosはその年に欧州チャンピオンズカップで優勝し、クラブ世界選手権でも優勝している。
2026年1月に23億5000万でポルトガルのPortoに移籍。
2027年12月、世界最優秀選手、更には世界最優秀プレイヤーを受賞。
フィンランド代表として6試合に出場。現在の評価額は38億円。

・DC/ガナー(23)/アイスランド/[能力値]
2021年3月にKrokomに入団。DFの中心として欠かせない選手であった。
2024年12月にイングランドMan Utdに移籍。当初はリザーブ扱いで、オランダのチームに期限付き移籍をしたりしていた。
2027年シーズンからはトップチームで活躍している。
アイスランド代表として10試合に出場。現在の評価額は11.75億円。

・AMRC/ザイチェフ(23)/ロシア/[能力値]
2024年1月にKrokomに入団。右ウイングとして活躍。
2026年1月にドイツGelsenkirchenに9億で移籍。
そして、2028年1月にはドイツKölnに23億で移籍。
ロシア代表として4試合に出場。現在の評価額は23億円。

・DM/ヘイネーネン(22)/フィンランド/[能力値]
2024年11月にKrokomに入団。2025年に中盤の中心選手として活躍。
2026年7月にスペインR.Madridに10億で移籍。
現在はイングランドLeicesterに期限付き移籍中。
フィンランド代表として8試合に出場。現在の評価額は12億円。



PageTop

北欧放浪編(122)::Krokom 2027年 11月-12月

国内リーグ戦が終了。
引き続きスウェーデンカップ決勝、欧州チャンピオンズカップの試合が行われる。
更にロイヤルリーグも始まる。

2027/11/ 2 欧州チャンピオンズカップ グループステージ 第4節 vs Benfica(H)
ポルトガルのBenficaとの対戦。観衆5666人。
4-4-2で、FWフェジェルモ、FWマグヌーソンの2トップ。
互角の展開だったが、前半終了間際の44分に失点。
後半は選手を交代し、積極的な攻撃を指示するも得点が奪えないまま時間がすすむ。
しかし88分、左MFノーランダーからゴール前へのロングボールに合わせて抜け出したFWマグヌーソンがゴール。同点とする。
試合はそのまま終了。1-1の引き分けに終わった。

2027/11/ 6 MFクリステンセン、DFマッチ、GKダルクビストが相次いで移籍を要求
DFマッチは残留要請に応じたものの、MFクリステンセン、GKダルクビストは拒否。
不満状態となった。

2027/11/ 8 ロイヤルリーグ組み合わせ発表
FC København(デンマーク)、IFK Göteborg(スウェーデン)、Rosenborg(ノルウェー)と同組となった。

2027/11/10 ロイヤルリーグ 第1節 vs Rosenborg(A)
怪我人を多数抱えるノルウェーRosenborgとの対戦。観衆20215人。
FWアイナールと新加入FWクマスの2トップ。GKには若手のヘイッキレを起用。
22分、相手のオウンゴールで先制。
ロスタイムにFWクマスが駄目押しのゴールを決めて2-0で勝利。

2027/11/13 Krokomがスウェーデンカップ決勝に出場
20271113news_swc_f

フォーメーション
2027krokom_form_swc_f

19人が代表召集で出場できず。
中盤には今季まだトップチームでの出場が無かったベテランDMヘグベルクを起用。

2027/11/13 スウェーデンカップ決勝 vs Hammarby(N)
決勝の相手は第1ディビジョン優勝で来季のプレミアディビジョン昇格を決めているHammarby
試合は終始Krokomペース。
33分、78分とFWマグヌーソンがゴール。
82分に失点するが、その後を守りきって2-1で勝利。
スウェーデンカップ優勝を決めた。

20271113news_yusyo1

20271113news_yusyo2

2027/11/15 マグヌーソンが得点王と最優秀FWを獲得
20271115news_prize_scr

20271115news_prize_fw


2027/11/16 DFストヤノビッチ(28)が移籍
出場機会を失っていたため2000万でMalmö FFへ放出

2027/11/16 GKダルクビスト(22)がウイルス感染で2週から3週の戦力外

フォーメーション
2027krokom_form_ecc_gs05


2027/11/24 欧州チャンピオンズカップ グループステージ 第5節 vs Debrecen(A)
ハンガリーDebrecenと対戦。
4分に失点する苦しい展開。
なかなか状況を打開できなかったが、左MFにクリステンセンを入れてから状況が一転。
59分、左MFクリステンセンのクロスから、相手ゴール前でボールがこぼれた所を右MF田村が押し込んで同点。
61分、左MFクリステンセンのクロスがそのまま相手ゴールに飛び込んで逆転。
ロスタイムにはMFミューラーがゴールを決めて3-1で勝利。
この勝利で、グループステージ2位以内が確定。
欧州チャンピオンズカップ決勝トーナメント進出が決まった。

FW/MFビルジション(21)が試合中に足首のねんざで3週から2ヶ月の戦力外

2027/11/26 DFバルモス(21)が練習中に首の損傷で5日から2週の戦力外

2027/11/28 MFミューラー(21)が風邪で3日から1週の戦力外

2027/12/ 1 元KrokomのFWクロンルンド(24)が世界最優秀選手を受賞
20271201news_world_prize


2027/12/ 1 FW/MFアンダーソンとの契約を終了
かつてKrokomに貢献した選手だが、出場機会を失い退団。

2027/12/ 1 ロイヤルリーグ 第2節 vs FC København(H)
デンマークのFC Københavnとの対戦。観衆5626人。
15分にFWマグヌーソンがゴール。
この1点を守りきって1-0で勝利。

2027/12/ 7 欧州チャンピオンズカップ グループステージ 第6節 vs Arsenal(H)
イングランドのArsenalと対戦。観衆5669人。
4-4-2のフォーメーションで、若手FWユールハと、FWアニックの2トップ。
既にグループステージ突破が決まっているため、選手には楽しんでこいと声をかける。
前半はArsenalの攻撃を凌いで0-0で終える。
後半49分、FWアニックがゴールを決めて先制。
64分にもFWアニックがゴールを決め、2-0でKrokomが勝利。
Krokomは1位でグループステージを突破。

2027-28 欧州チャンピオンズカップ グループC 最終成績
2027ecc_group_c6


2027/12/10 ロイヤルリーグ 第3節 vs IFK Göteborg(H)
スウェーデンのIFK Göteborgと対戦。観衆5678人。
FWソーリア、FWマグヌーソンの2トップ。GKはヘイッキレ。
21分に失点するが、51分に右サイドに抜け出したFWマグヌーソンのセンタリングをFWソーリアがニアサイドで合わせてゴールし同点。
そして終了間際の89分、KrokomがCKを得る。
ニアサイドでDFぺリスが合わせるがクロスバー。しかし、跳ね返りをFWフェジェルモが押し込んでゴール。
このゴールで2-1とし、逆転勝利をあげた。

スウェーデンカップ決勝、欧州チャンピオンズカップ グループステージ 第4節~第6節
2027krokom_sc08


これで今季の全日程が終了。
今季の平均入場者数は4448人。
収入は84億4000万、支出は配当金16億を含め48億9000万。
およそ35億の利益を出し、資産は86億となった。

ノレイ・ラモスがKrokom監督に就任した当時は4部リーグ残留が目標であった。
それから20年、スウェーデンでトップリーグに登りつめたKrokomは、更に欧州チャンピオンズカップの決勝トーナメントに進めるところまで成長した。
またKrokomと競い合うことで、他のスウェーデンのチームも躍進。欧州の大会で結果を残している。
それらは、スウェーデンの国別ランキング12位という形になって現れた。

しかし、これで終わりではない。
ノレイ・ラモスには、更に欧州一、世界一を目指しての戦いが待っている。

※北欧放浪編の本編はここまでです。
この後、ここまでのまとめ、エピローグへと続きます。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。